logo

クライム、データベース・リアルタイム・レプリケーション・ツール「DBMoto」の最新バージョンの7.1を発表

株式会社クライム(東京都中央区)は米国HiT Software社が開発し、クライムは国内で販売・サポートする異機種データベース間リアルタイム・レプリケーション・ツール「DBMoto」の最新バージョン7.1を2011年5月17日、本日より発売することを発表しました。

DBMoto Version 7.1の主な新機能:

1. Replication Activity Viewer (DBMoto Management Center内)
管理ツールのDBMoto Management Center内でミラーリングの進行状況をチャートで視覚的に管理できます。また、ミラーリングのインターバルとの遅延状況やパフォーマンス(スピード)も確認可能です。

2. Open APIs : 他のアプリケーションやシステムとのインターフェイスを可能に
外部アプリケーションからDBMotoに対して使用できるAPI を一新して大幅に強化しました。C#、Visual Basic、Visual C++ から利用できます。さらに API のドキュメントが標準で用意しました。

3. IBM Informix用のログ・ベースのトランザクション・レプリケーションをサポート
Informix のミラーリングで今までのトリガーだけでなく、Informixのログを使用することができるようになりました。これによりInformixが複製元DBのリアルタイム・レプリケーションがさらに高速になりました。

■ 株式会社クライムは2004年10月にHiT Softwareと国内販売代理店契約を締結し、「DBMoto」を含むHiT Software製品の販売を行っています。

【ニュースリリースへのお問合せ先】
株式会社クライム 
ソフトウェア事業部
TEL: 03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
Email: soft@climb.co.jp
http::www.climb.co.jp

□ 株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、アプリケーション開発、ソフトウェア販売サポート、アウトソーシング・サービス、Webコンテンツ企画・制作を提供しています。自社コンテンツとして日本市場と米ITベンチャーを結ぶ情報ゲートウェイ「Silicon Valley Gateway」などがあります。

□ HiT Softwareについて
HiT Software(本社:米国カルフォルニア、サンノゼ)は1994年に設立されたデータベース・アクセスのための業界標準を基礎とする製品・ツールを提供するソフトウェア会社です。「DBMoto」以外の製品としてリアルタイムXML-RDB変換ツール「Allora」、IBM DB2データベース・アクセスツールの「DB2 Connectivity」、インターネット通信セキュリティー・ツール「SafeConduct」があります。

このプレスリリースの付帯情報

Replication Activity Viewer

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。