logo

オンラインRPG『タワー オブ アイオン』 推奨認定マザーボードが日本ギガバイト社より発売



~Intel(R)Z68Express搭載のGIGABYTE社製マザーボード各種に!~


PC向けオンラインゲーム『The Tower of AION(以下、タワー オブ アイオン)』を運営するエヌ・シー・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:Park, Sung Jun(パク ソンジュン)以下、エヌ・シー・ジャパン)は、本日2011年5月11日(水)より販売開始となります、日本ギガバイト株式会社(東京都千代田区、代表取締役:呂正民以下、GIGABYTE社)製マザーボードに対して推奨認定を発行いたしましたことをお知らせいたします。

この度、エヌ・シー・ジャパンが推奨認定をいたしましたのは、 Intel(R)Z68Expressチップセットを搭載したGIGABYTE社のZ68シリーズマザーボード製品各種となっております。
この製品の発売を記念して『タワー オブ アイオン』の15日間36時間無料プレイチケット同梱キャンペーンを実施させていただくこととなりました。

『タワー オブ アイオン』を自作のパソコンで始めたい方には、お得なキャンペーンとなっております。

『タワー オブ アイオン』は、美麗な3Dグラフィックと圧倒的な世界観、極限まで完成度を高めたキャラクターカスタマイズや「天」と「魔」、2つの種族間の臨場感あふれる対戦を楽しめる次世代のファンタジーオンラインRPGです。大型アップデート「Epispde2.0 新世界」により、高レベルのお客様もご新規のお客様もさらにお楽しみいただけるコンテンツが多数追加されました。今後も様々なプロモーションを実施いたしますので、今後の展開にご期待くださいますようお願い申し上げます。


■GIGABYTE社製マザーボードの推奨認定について
【推奨商品及び商品特徴】
GA-Z68X-UD7-B3
PCI Express 2.0のレーン数を拡張するNVIDIA nForce 200チップを搭載し3Way SLIと3Way CrossFire Xに対応した最上位モデルです。
オーバークロッカー、ヘヴィ・ゲーマーの求める過酷な使用環境を想定した8層基板、VRD 12準拠の24パワーフェーズ設計を採用しています。
GA-Z68X-UD5-B3
USB3.0を8ポート(前後各4ポート)搭載し、フロント3.5インチベイ用 のUSB3.0ボックス(2ポート用)も添付、申し分ない拡張性を誇ります。
VRD 12準拠の20パワーフェーズ設計、厳選されたパーツを6層基板上に配置、安定性を重視した上位モデルです。
GA-Z68X-UD4-B3
VRD 12準拠のパワー16フェーズ設計、2Way SLI/CrossFireXサポート、ハイエンド用途にも耐え得る各種インターフェイスを各種搭載しています。
ギガバイトが誇る独自機能、「3倍USB電源機能」「On/Off チャージ機能(iPad/iPhone等のシャットダウン状態での充電や高速充電)」や、省電力・高信頼性・高耐久性を支える「Dual CPU Power機能」、「TouchBIOS(TM)/DualBIOS(TM) 3TB+ Hybrid EFI Technology」による万が一のトラブルを想定した設計により、安心してお使いいただけます。
【販売開始】
2011年5月11日(水)より順次発売
【販売場所】
日本全国のパソコンパーツ専門店や家電量販店などの販売店にて
※ 本文中に記載された日時は、諸般の事情により変更になる場合がございます。

【NC JAPAN コーポレートサイト】タワー オブ アイオン紹介ページ
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。