logo

iPad2でInternet Explorer、Firefox、Chromeがそのまま使える Splashtop Remote Browserを提供開始

Splashtop Inc. 2011年04月28日 13時00分
From DreamNews

 Splashtop Inc.は、4月28日(現地時間、日本時間29日未明)、iPadとiPad2上でMicrosoft Internet Explorer、 Mozilla Firefox、 Google Chromeを利用してインターネットをブラウジングすることが可能なアプリケーション『Splashtop Remote Browser(スプラッシュトップ リモート ブラウザ』の提供を開始します
Splashtop Inc.(米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO:Mark Lee、以下スプラッシュトップ社)は、4月28日(現地時間、日本時間29日未明)、iPadとiPad2上でMicrosoft(R) Internet Explorer(R)、 Mozilla Firefox、 Google Chromeを利用してインターネットをブラウジングすることが可能なアプリケーション『Splashtop(R) Remote Browser(スプラッシュトップ リモート ブラウザ』の提供を開始します。

Splashtop Remote Browserでは、iPad上で、自分のパソコンで利用している、Adobe(R) Flash(R)、JavaTMやMicrosoft(R) SilverlightTMなどのプラグインやお気に入り(ブックマーク)や保存したデータなどブラウザのフル機能をそのまま使うことができます。iPadからパソコンにアクセスすると、ブラウザが立ち上がり、そのままインターネットを楽しむことができます。



Splashtop Remote Browserは、iPadを便利にします。

■ オンラインメディア

iPadから、オンライン上の音楽や動画、ラジオのサイトにアクセスし、パソコンと全く同じコンテンツを楽しむことができます。Forrester Researchによると、iPadユーザーの58%が動画の視聴に利用しています。

■ ブラウザゲーム

iPad上で、FlashやShockwaveで動作するお気に入りのゲームを楽しむことができます。

■ オンラインショッピング

パソコンに記憶されている送付先やログイン情報、クレジットカード番号を再度iPadから入力する必要はありません。



“iPad上でインターネットを楽しむためには制約がありました。Splashtop Remote Browserを使えば、その制約はなくなり、Flashも、プラグインも使えて快適なブラウジングを手に入れることができます。”とスプラッシュトップ社のCEOである Mark Leeは述べています。



Apple社のApp Storeにて、Splashtop Remote Browser with Flashとして5分間利用できる無料版を提供します。なお、現在はWindowsパソコンのみの対応で、Mac OS仕様は、現在開発中です。

6分以上ご利用の場合は、Splashtop Remote Desktop(\600)をお勧めします。



【Splashtop Inc.(スプラッシュトップ社)】  URL: リンク

Splashtop Inc.(旧DeviceVM, Inc.)は、人々がどこにいても重要な情報をすぐに入手できるコンピューティング体験の実現をゴールに、2006年に創設されました。2007年に製品化したSplashtop OSは、パソコンにスイッチを入れて数秒で、電子メールやインターネットなどが利用できるインスタントオン・プラットフォーム(瞬間パソコン起動)です。Splashtop Remoteは、iPadや他のモバイル端末から離れている自分のWindowsPCやMacを操作することができる製品です。



現在、Splashtop製品は、Acer、ASUS、Dell、HP、Lenovo、LG、Sonyのパソコンに搭載され、出荷台数は既に6000万台を突破しています。また、2007年10月の発売開始以来、メディア各誌から多数の賞を受けています。

本社はシリコンバレーに、北京、台北、上海、杭州にそれぞれオフィスがあります。



-報道関係お問い合わせ先-

スプラッシュトップ社 広報担当 株式会社メディア・ソリューション 佐藤  tel: 03-5549-9266

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。