logo

燃料電池車の販売は2020年に100万台を突破

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「燃料電池自動車市場調査:乗用車、中型/大型トラック、バス、水素内燃エンジン、燃料補給 - Fuel Cell Vehicles:Passenger Vehicles, Medium and Heavy Duty Trucks, Transit Buses, Hydrogen ICEs, and Fueling」のプレスリリースにおいて、燃料電池自動車の販売は2020年に100万台の大台に乗り、2020年末に120万台に達するだろう、との予測結果を発表しました。

燃料電池車(FCV)は、一連の電子運転技術のひとつであり、世界の乗用車やバス市場でのシェアはますます拡大するとみられている。乗用車の市場では、燃料電池は、ピュアバッテリー電気自動車を二酸化炭素排出ゼロで使用する際に、制限や充電の限度などがない。燃料電池市場は現在、商用化が急速に進んでおり、2015年ごろに自動車メーカーが発売するだろう。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「燃料電池自動車市場調査:乗用車、中型/大型トラック、バス、水素内燃エンジン、燃料補給 - Fuel Cell Vehicles: Passenger Vehicles, Medium and Heavy Duty Trucks, Transit Buses, Hydrogen ICEs, and Fueling」は、燃料電池自動車の販売は2020年に100万台の大台に乗り、2020年末に120万台に達するだろうと報告している。


「実際のところ、クリーンエネルギーを軽く概観している人々にとっては、乗用車の燃料電池はまだ準備段階と見えるかもしれない。しかし、トヨタ、ダイムラー、GM、ホンダ、現代自動車などの自動車メーカーはみな、燃料電池自動車はクリーンエネルギー車の重要な一部であると述べている。燃料電池は、より大型の自動車で300マイルレンジでも二酸化炭素排出量ゼロを提供できるビジネスチャンスであると考えられている」と、パイクリサーチ社のシニアアナリストLisa Jerram氏は語る。


自動車メーカーは今後数年間、2015年の商用化をターゲットとして、性能を向上し、コスト削減を図るべきであると、Jerram氏は語る。早期導入が進むのは、多くの燃料インフラが計画されている日本、ドイツ、カリフォルニアだろう。燃料電池のテストケースとして、バスでの利用が始まっているが、バスは商用化のタイムフレームでは乗用車にはいささか遅れをとっている。燃料電池によるバスは、二酸化炭素の排出量がゼロで、運転音も静かであり、内燃エンジンよりも燃料効率が非常に高い。パイクリサーチ社は、バスの商用化の後には、購入の際の補助金やインセンティブが期待できる軽自動車が続くだろうとみている。


パイクリサーチ社は、2010-2014年の商用化の準備段階の期間に、約10000台の燃料電池自動車が普及するとみている。その後、2015年の燃料電池車の販売は57000台となり、2020年には年間39万台に急増するだろうと予測している。


【調査レポート】
燃料電池自動車市場調査:乗用車、中型/大型トラック、バス、水素内燃エンジン、燃料補給
Fuel Cell Vehicles
Passenger Vehicles, Medium and Heavy Duty Trucks, Transit Buses, Hydrogen ICEs, and Fueling
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事