logo

北方謙三原作の「三国志」(作画:河承男)、電子書籍で先行販売 ベストセラーの描き下ろし漫画版が登場



国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」リンクを運営する、株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉)は、「三国志」(原作:北方謙三 作画:河承男)(1)~(3)巻を、単行本に先駆けて電子書籍版で販売開始致します。

北方謙三の「三国志」(角川春樹事務所・ハルキ文庫)は、1996年から2年間をかけ、全13巻で完結した長編小説で、現在までに500万部を超える大ベストセラーとなっています。今回、株式会社竹書房(代表取締役社長:高橋一平)の企画で、韓国の漫画界の雄、河承男(ハスンナム)氏の手により漫画化が決まり、全30巻で完結予定の壮大なプロジェクトを予定しています。

4月22日に、1~3巻の単行本を同時発売する事を予定していましたが、予定日に発売を開始する事が困難となったため、楽しみにお待ちいただいている読者の皆様に向けて、電子書籍版で4月22日に販売を開始致します。「三国志」はeBookJapan販売サイトにてWindowsPCのほか、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phoneに同時に配信開始されます。

電子書籍版での先行リリースを記念して、1巻目は100ページ以上無料で読むことができます。

・販売ページはこちら
リンク          
三国志(1)英雄の登場 三国志(2)陰謀の都 三国志(3)呂布出現 ※画像参照
              
北方版「三国志」は、「演義」もしくは「吉川三国志」をベースにするのではなく、歴史書「正史三国志」に書かれた史実を元に、想像力と著者独自の解釈を加え、既存のどの「三国志」とも別の新たな世界を築き上げています。節ごとの主要人物の一人称視点でストーリーは進行し、北方氏の描く男の生き方が投影された、ハードボイルド版「三国志」とも言える作品です。

eBookJapanでは、今後もビッグタイトルや名作を中心に、積極的に電子書籍化を行い、また、新たな試みにも挑戦してまいります。

■eBookJapanの主な特長
<世界最大の電子コミック保有数>
コミックを中心に約45,000冊の電子書籍を、高画質でお楽しみ頂けます。
<MacやiPadにも対応>
WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phoneに対応し、オフラインで楽しめます。
<トランクルーム機能>
Web上の本棚に蔵書を並べて背表紙をビジュアルにお楽しみ頂けます。
また、購入した電子書籍を追加料金無しにお好みの端末に自由に移動して読書ができます。

サンプル画像のデータをご入用の際は、〈広報担当〉までご連絡ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。