logo

就活生の東京都知事選後の結果に対するアンケート調査! 東国原氏が支持率1位ながら石原氏の当選は無難と考える 超就職難に加え、震災による採用枠の減少で求められるのは経済回復!

就活情報収集&交換サイト「会社なび/就職活動」http://sk.kaisyanavi.jp/
(以下:会社なび/就職活動)を運営する株式会社エスキュービズム
(東京都港区 代表取締役社長 薮崎敬祐)は、2012年卒の就職活動中の
学生120人に、2011年4月11日から2011年4月18日にかけて、
2011年4月10日に行われた東京都知事選への就活生の
意識アンケート調査を実施いたしました。結果は以下の通りです。

就活情報収集&交換サイト「会社なび/就職活動」 リンク
(以下:会社なび/就職活動)を運営する株式会社エスキュービズム
(東京都港区 代表取締役社長 薮崎敬祐)は、2012年卒の就職活動中の
学生120人に、2011年4月11日から2011年4月18日にかけて、
2011年4月10日に行われた東京都知事選への就活生の
意識アンケート調査を実施いたしました。結果は以下の通りです。


■東京都知事選の結果に対する就活生の意識調査に関するアンケート結果
(有効回答数:120人)

今回の東京都知事選の結果を受けてどう思いますか?【回答数(割合)】

・納得できる当選だ。【12名 (10.0%)】

・無難な当選だと思う。【28名 (23.3%)】

・東国原英夫氏に都知事に当選して欲しかった。【54名 (45.0%)】

・わたなべ美樹氏に都知事に当選して欲しかった。【10名 (8.3%)】

・小池あきら氏に都知事に当選して欲しかった。【6名 (5.0%)】

・石原氏及び上記3名以外の方に当選して欲しかった。【6名 (5.0%)】

・誰がやっても変わらない。【4名 (3.3%)】


■就活生も東国原氏を支持

選挙直後にメディアで話題になったように、今回の選挙では
年齢層別での支持率は20代、30代が東国原氏を支持する声が多く、
40代以上の世代では石原都知事の支持層が多かった。


■石原氏を不支持ながらも「無難に納得」が多数

上記でも東国原氏が圧倒的に就活生から支持を集めていることがわかるが、
一方で「他に該当者がいないので無難に石原氏を支持する」
「震災の影響で他の有権者が討論やアピールをする時間が少なく
混乱を招くよりは現状維持で」という意見も多く、
「無難な当選である」という回答が2番目に多かった。


■東国原氏を支持する就活生の意見

今回の選挙は地震のせいか討論がなかった。
自分の意見を大きな場所で言うことができなかったと思う。
そう考えると長年都政に関わってきた石原さんのほうが
信頼もあるし有利であったと私は思う。

東日本大震災を"天罰"と称する人間が出馬する事じたい理解出来ない。

石原都知事は上に立つ者として全く信頼出来ません。それなのに老人が
当選させたので私は老人に対して偏見の目で見ています。

日本が大変な状況にあるなかで400万人以上の有権者が
投票に行かなかったことが、一番納得がいかないです。


■石原氏を支持する就活生の意見

石原都知事は嫌いですが、それ以外の人に現状以上の期待が持てない。
とりあえず新しい風より、経済回復が第一です。

「現状の災害対策に対して、混乱を招かないようにする」という前提で
考えると、石原氏が当選するのは無難な当選だとは思う。

この非常時に知事を変えて、役所内での無用な混乱を
招くべきではないと考えていました。


■超就職氷河期に加え、震災による就活の遅れに対する不安の声が多数

今回都知事選に関する意見でその他に多かった意見としては、
やはり自分の将来に影響する就職活動の時期に、
日本経済が停滞していくことを心配する意見が多かった。

自粛ムードや不謹慎発言のように、日本全体が節約推進的な
状況になっている中、企業の採用に対する動きも鈍くなっている傾向にある。

例年だと大手企業は毎年5月くらいには新卒採用が終了しているが、
被災者への配慮もあり、今年は面接自体が6月からスタートするところも多い。


■大学の推薦枠の減少で理系学生の焦りも見え始める

毎年、理系の学生は、研究室や大学からの推薦枠採用も多く、
文系の学生よりも遅い4年生の4月くらいから就職活動を始める。
理系学生にも、震災の影響により毎年ある推薦枠が、無くなったりする
企業も出てきているため、例年よりも焦りの色が見え始めている。

調査結果等について詳しくご説明させて頂くことも可能ですので、お申し付けください。



【株式会社エスキュービズム 会社概要】
所在地:     東京都港区芝公園2-4-1芝パークビルA館4F
代表取締役:   薮崎敬祐
事業内容:    サイトの企画運営・ECサイトの開発
運営会社サイト: リンク

本件のお問い合わせ先
株式会社エスキュービズム 広報担当 石川
TEL03-6430-6730  press.db@kaisyanavi.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事