logo

インフォテリアのスマートフォン専用カレンダーアプリ「SnapCal」が 「AppDIME第1回スマートフォンアプリ大賞」で大賞を受賞

~ 多くのユーザーからの支持をいただき、栄えある名誉を獲得 ~

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853)は、各種パーソナルクラウドサービスとの連携を実現するスマートフォン用カレンダーアプリ「SnapCal」(スナップカル)が、株式会社 小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏)発行の『DIME』誌が運営するスマートフォンアプリ評価サイト「AppDIME」 主催「第1回スマートフォンアプリ大賞」において、最もユーザーに支持されたアプリに与えられる「大賞」を受賞したことを発表します。

SnapCalは、Twitter※1やGoogle カレンダー※2、Evernote※3、Facebook※4などパーソナルクラウドサービスとの連携を実現するカレンダーアプリケーションです。2010年10月のリリース以降、日本だけでなく、世界25ヶ国以上で利用され、国内外の多くのユーザーから支持をいただいています。
 今回、SnapCal が大賞を受賞した「AppDIME第1回スマートフォンアプリ大賞」では、ユーザーからの投票と選考委員によって、世界的にも有名なアプリをはじめする30本のアプリがノミネートされ、その後、選考委員による審査を経て部門賞および大賞が選ばれました。

 主催のDIME誌/(AppDIME) のデスク・安田典人氏は、大賞受賞理由を「無料でありながら、Googleカレンダーをはじめ、TwitterやFacebook、Evernoteとの連携や、ユーザー同士でスケジュールを共有できるなど、スマートフォンを活用した新たなコミュニケーション手段とユーザビリティーが評価されました。肝心のカレンダー表示も見やすく使い勝手がよいというのも、ユーザーや選考委員から高い支持を得た理由です。」と述べています。

 インフォテリアでは、今後もユーザーに支持いただけるよう、SnapCal の機能拡張と改善を継続的におこない、世界スマートフォン市場におけるカレンダーアプリのデファクトスタンダードを目指します。

■「第1回スマートフォンアプリ大賞」
   各賞発表サイト:リンク

■「SnapCal」製品概要
   製品Webサイト(日本語):リンク
   提供価格:SnapCal(無料)/ SnapCal Pro (\115)
   対応プラットフォーム:iPhone / iPod touch / Android
   製品スクリーンショットをご入用の際は、以下製品サイトに掲載されているものをご利用ください。
   リンク 

※1 ツイッター。米Twitter社が提供するコミュニケーションサービス。
※2 米Google社が提供するウェブ上のカレンダーサービス。
※3 エバーノート。米Evernote社が提供するさまざまな情報を保管できるウェブ・アプリケーション。
※4 フェイスブック。6億人を超えるユーザー数を持つ世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。

用語解説

■インフォテリア株式会社について
 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、 コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に1,600社 以上(2010年9月末現在)の企業に導入されています。また、新製品「Handbook」は、スマートデバイス向けの商品カタログ配布、会議資料配布、社員情報共有などのスタンダードとして多くの先進企業で採用されています。
【 ホームページ 】 リンク

- Infoteria 、インフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。
- ASTERIAは、インフォテリア株式会社の登録商標です。
- SnapCalは、インフォテリア株式会社によって登録申請中の商標です。
- iPhoneはApple Inc.の商標です。
- iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
- Apple、Apple のロゴ、iPhone、iPod touch、iPad および App Store は、米国およびその他の国々で登録. された Apple Inc.の商標です。
- AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標
- 本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。