logo

オートデスク、Autodesk Smoke 2012 For Mac OS Xと Autodesk Flame 2012を出荷開始

~ 映像制作現場から支持を受けるソリューションの最新版で、
アーティストに効率化されたワークフローとクリエイティブツール間の優れた連携を提供 ~

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、社長:鬼澤盛夫)は、Mac OS用のクリエイティブ フィニッシング ソフトウェア「Autodesk(R) Smoke(R) 2012 For Mac OS X」(オートデスク スモーク 2012 フォー マック オーエス テン:以下Smoke For Mac)、および3Dビジュアルエフェクト、エディトリアル フィニッシング、リアルタイム カラーグレーディング用クリエイティブ フィニッシング ソリューションのパッケージ製品「Autodesk(R) Flame(R) Premium 2012」(オートデスク フレーム プレミアム 2012:以下Flame Premium)の出荷を開始しました。

最新のSmoke For Macは、強力なフィニッシング ツールとノンリニア編集(NLE)の慣れ親しんだワークフローを統合することで、高品質コンテンツの高度かつ複雑な作業を効率化する、オールインワンのエディトリアル ワークフローを提供します。Flame Premium 2012では、リライティング機能、ステレオスコピック3D(3次元立体視)のフィニッシング ワークフロー、オートデスクの3Dアニメーション ソフトウェアとの連携に強化が図られました。

Autodesk Smoke 2012 For Mac OS Xの主な新機能は以下の通りです。

・再設計されたActionの3Dライティング システムによる、キャスト シャドウとリアルな3Dライティング アーティファクトの構成、Autodesk FBX(R)を利用したオートデスクのアニメーション ソフトウェアからのジオメトリ キャッシュ アニメーションのインポートのサポート、さらに一般的なフィニッシング タスク用にFlame FXのクリエイティブツールを提供
・ステレオスコピック 3Dプロジェクトのエディティング、モニタリング、コンポジティング、配信を可能にする包括的なツールセット
・色補正、キーイング、より高品質な3Dコンポジティングを実現する統合ツール
・AAFとXMLインポートを経由し、Apple Final Cut ProとAvid Media Composerとコンフォーム/フィニッシングのワークフローを連携
・デジタル一眼レフカメラのH.264ネイティブ メディアから、フルレゾリューション R3Dメディアまでを広範にサポート

Autodesk Flame Premium 2012の主な新機能は以下の通りです。

・リライティング機能の強化
Flame Premiumへのリライティング機能の搭載により、アーティストは実世界の光の3D情報に忠実なコンポジットが可能になり、圧倒的なシーンを構築できます。Flame Premiumの3Dコンポジティング環境の中のライティング、シェーディング、影、3Dレンズフレア、ボリューメトリック ライト レイなどの数多くのツールにより、シーンの様相の大幅な変更と改善が可能です。さらに、Flame Premiumで利用可能なCGソフトウェアで生成されたイメージベースのライティングとカメラマッピングのテクニックは、この他のリライティング ツールと連携してアーティストに最終的なルックの包括的なコントロールを提供します。

・ステレオスコピック 3D(S3D)フィニッシングの強化
Flame Premiumは強力でテクニカル、かつクリエイティブなS3Dのコンポジティング/グラフィックデザインツールをはじめ、マルチレイヤーS3Dタイムライン エディティング、リアルタイムS3Dカラーグレーディングなど、ステレオスコピック3Dのビジュアル エフェクトとフィニッシングを実現するための包括的ツールセットを搭載しています。加えて、さらに機能向上が図られたS3Dクリエイティブツールは、Flame Premiumに新規に搭載されたリライティング機能と連携、相乗効果を得ることができます。

・オートデスクのアニメーション製品との連携ワークフローの強化
ポストプロダクションはCGとフィニッシングの間のワークフローの効率性に大きく依存します。Flame Premiumにより、レンダーパスからAutodesk FBX(R)のモデル、アニメーションが付与されたジオメトリまで、Autodesk(R) Maya(R)やAutodesk(R) 3ds Max(R)のCGコンテンツを、より素早く簡単に使用することができます。さらに、新しいGateway Clipはポストプロダクションに対し、CGフィニッシング パイプラインのニーズに合致するようカスタマイズがされたXMLを用いたフィニッシングワークフローを構築するための、オープンで柔軟性に優れた手法を提供します。

米国ネバダ州ラスベガスにて開催されている世界最大の放送機器展覧会「2011 NAB Show(NAB2011)」(4月11日~14日)にて、オートデスクは今回出荷開始したAutodesk Smoke 2012 For Mac OS XおよびAutodesk Flame Premium 2012を中心としたデモンストレーションを行います。その模様は、オートデスクのユーザコミュニティウェブサイト、AREA (リンク )から、ライブストリーミングで中継されます。

オートデスクのデジタル エンターテインメント クリエーション関連の最新リリースに関する情報はオートデスクウェブサイト(www.autodesk.co.jp/me )にてご覧いただけます。

【今回出荷が開始された製品およびその価格(税込)】
製品名 価格(税込)
Autodesk 3ds Max Entertainment Creation Suite Standard 2012 ¥766,500
Autodesk 3ds Max Entertainment Creation Suite Premium 2012 ¥997,500
Autodesk Maya Entertainment Creation Suite Standard 2012 ¥766,500
Autodesk Maya Entertainment Creation Suite Premium 2012 ¥997,500
Autodesk Softimage Entertainment Creation Suite 2012 ¥766,500
Autodesk 3ds Max 2012 ¥535,500
Autodesk Maya 2012 ¥535,500
Autodesk Softimage 2012 ¥577,500
Autodesk MotionBuilder 2012 ¥614,250
Autodesk Mudbox 2012 ¥115,500
Autodesk Smoke 2012 For Mac OS X ¥2,619,750
Autodesk Flame Premium 2012 ¥23,000,000~
(ターンキーシステム価格)
Autodesk Flare 2012 ¥627,900
(Autodesk Flame Premium/Flame/Inferno ユーザ限定で購入可能な製品)

以上

当ニュースフラッシュに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口

オートデスク プレスデスク 担当:野村/木下
Email: autodesk@golinharris.com
Tel: 03-5427-7361

◆ お客様問い合わせ窓口

オートデスク インフォメーションセンター TEL: 0570-064-787
営業時間:月~金 9:30~17:00 (祝祭日、年末年始休業、その他非営業日を除く)

Autodesk、Smoke、Flame、FBX、Flare、Mayaならびに3ds Maxは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。
(C)2011 Autodesk, Inc. All rights reserved.



###

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。