logo

『日本市場のNスクリーン及びマルチデバイス事業動向』調査報告書を発表

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の
株式会社ROA Holdings(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、
『日本市場のNスクリーン及びマルチデバイス事業動向』と題する調査報告書を刊行し、
即日販売を開始いたします。

【 調査報告書の概要 】

  日本のマルチデバイスサービス市場で注目を集めるNスクリーンサービス。
Nスクリーンはユーザーが現在どんなデバイスを使っているかに関係なく、連続的に同一の
コンテンツやサービスをを利用できるマルチデバイス対応プラットフォームが提供される
概念として“One User Multi Device”、即ち消費者の立場からの供給チャネルの多様化と
サービスの連続性が強調されます。

本レポートではNスクリーンビジネスのタイプを分析し、主要デバイスメーカー、キャリア、
インターネット事業者の国内Nスクリーンビジネス戦略を分析。またNスクリーンを促進する
要因のスマートフォンやスマートタブレット、スマートTVの国内マーケット成長性の予測を
示しています。


  ・・・エグゼクティブサマリーは、ホームページにてご覧いただけます。

リンク
   ※会員の方はログイン後、ご覧ください。
   (エグゼクティブサマリーもPDFでダウンロードいただけます)


 【 目次 】

エグゼクティブサマリー


1. Nスクリーンのサービス概要
1-1 定義
1-2 Nスクリーン促進要因
1-2-1 Nスクリーン促進要因
1-2-2 スマートフォンマーケット成長性の予測
1-2-3 メディアタブレットマーケット成長性の予測
1-2-4 スマートTVマーケット成長性の予測
2. バリューチェーン,およびビジネスモデルの分析
2-1 バリューチェーンの分類
2-2 デバイス中心型 事業モデル
2-3 コンテンツハブ型ビジネスモデル
2-4 スマートストレージ型 ビジネスモデル
2-5 広告プラットフォーム型ビジネスモデル
3.エコシステム構築の要素
4. 主要企業の国内事業戦略の分析
4 -1 デバイスメーカー
4 -1-1 アップル
4 -1-2 ソニー
4 -1-3 シャープ
4 -1-4 任天堂
4 -2 移動通信キャリア
4 -2-1 ドコモ
4 -2-2 KDDI
4 -3 インターネット事業者
4 -3-1 グーグル
4 -3-2 モバゲー タウン(DeNA)
4 -3-3 グリー
5. インプリケーション
5-1 デバイスメーカー
5-2 キャリア
5-3インターネット事業者、及びコンテンツプロバイダ
5-4ソリューションプロバイダ


【図 目次】

[図-1] マルチデバイス概念の進化
[図-2] 本レポートの調査領域
[図-3] Nスクリーンバリューチェーン
[図-4] 主要企業の国内事業戦略分析
[図 1-1] マルチデバイス概念の進化
[図 1-2] Nスクリーンサービスの提供イメージ
[図 1-3] 最近注目されているNスクリーンビジネス分野
[図 1-4] 本リポートの調査領域
[図 1-5] Nスクリーン促進要因
[図 1-6] スマートフォンの定義
[図1-7] スマートフォンの国内市場規模予測
(2010年~2014年)
[図 1-8] スマートタブレット 国内マーケット規模予測
(2010年~2014年)
[図 1-9] スマートTVの国内市場規模予測(2010年~2014年)
[図 2-1] Nスクリーンのバリューチェーン
[図 2-2] デバイス中心型 バリューチェーン
[図 2-3] コンテンツハブ型バリューチェーン
[図 2-4] スマートストレージ型バリューチェーン
[図 2-5] 広告プラットフォームバリューチェーン
[図 3-1] Nスクリーン競争優位項目
[図 3-2] Nスクリーンビジネスのための通信事業者の
エコシステム構築要素
[表 4-1] アップルの Nスクリーン関連の現況及び展望
[図 4-1] アップルiAD広告イメージ
[表 4-2] ソニー Nスクリーン関連の現況、及び展望
[図 4-2] Xperia PLAY イメージ
[表 4-3] シャープNスクリーン関連の現況及び展望
[図 4-3] シャープのガラパゴス協業関係
[図 4-4] NTT東日本フレッツマーケットのメニュー
[表 4-4] 任天堂のNスクリーン関連現況、及び展望
[表 4-5] ドコモのNスクリーン関連現況、及び展望
[図 4-5] ドコモが参加した2DFacto 協業の構図
[表 4-6] KDDIの関連現況及び展望
[図 4-6] KDDI、ソニーが参加したBooklista 協業構図
[表 4-7] グーグルのNスクリーン関連現況、及び展望
[図 4-7] YouTubeモバイルに適用された
グーグルディスプレイ広告、及びモバイル用
Adwordsに適用されたClick-toCall広告イメージ
[図 4-8] ウェブ版アンドロイドマーケットの
利用イメージ
[表 4-8] モバゲータウン Nスクリーン関連の現況
及び展望
[図 4-9] DeNAのソーシャルメディア売上推移
(2009.3Q vs 2010. 3Q)
[図 4-10] DeNAのスマートフォンプラットフォームの概要
[表 4-9] グリーのNスクリーン関連現況、及び展望
[図 4-11] GREEと角川グループの事業提携内訳
[表5-1] 主要企業のNスクリーン戦略比較




  ■会員の方 : ログイン後、ご覧ください。
   リンク

  ■会員登録されていない方 : 会員登録後(無料)、
   ログインしてご覧ください。
   リンク


  ▼無料アナリストコラム一覧(バックナンバー)はこちらから▼

   現在、140トピックスに渡る国内外の通信市場関連のコラムをご覧いただけます。
   リンク

 【レポートの概要】

   発行:株式会社ROA Holdings
   発刊:2011年3月
   判型:ワードA4 カラーコピー印刷 ページ数 69頁
   調査・製作 : 株式会社 ROA Holdings

   価格:(税込・送料込)
      - 99,750円 (PDF(CD-ROM)版)
      - 99,750円 (印刷版)
      - 102,900円 (PDF(CD-ROM)+印刷版)


■会社概要

社名 : 株式会社ROA Holdings
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@roaholdings.com
その他支店 : ソウル支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Holdings レポート・マーケティングチーム 担当:橋本
TEL: 03-3356-0874 Email: report@roaholdings.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:株式会社ROA Holdings   リンク  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ROA Holdingsは、日本・韓国・中国に現地支店を設けており、移動体通信市場
 の専門リサーチ、及び、コンサルティング業務を行っております。
 現地のネイティブのアナリスト、及びコンサルタントによるハイクオリティ
 なサービスを提供し、日・韓・中における移動体通信市場の的確な分析、
 予測、及び、今後の発展方向など、お客様のニーズにお答えいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。