logo

ウルシステムズ、基幹バッチ用のHadoopフレームワーク「Asakusa」正式版を本日オープンソース化して提供開始

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)は、基幹業務システムのバッチを高速処理するためのソフトウェアフレームワーク 「Asakusa Framework (以下、Asakusa)」の正式版を本日オープンソースとして公開したことを発表します。

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)は、基幹業務システムのバッチを高速処理するためのソフトウェアフレームワーク 「Asakusa Framework (以下、Asakusa)」の正式版を本日オープンソースとして公開したことを発表します。

「Asakusa」は、Hadoop(注)上に基幹バッチシステムに必要な開発環境・実行環境・運用環境を実装したソフトウェアフレームワークです。従来まで長時間かかっていた業務処理を高速に、安価に、かつ安全に実行することができます。Hadoopに詳しくないエンジニアでも「Asakusa」上で簡単にシステム開発ができるため、分散技術によるメリットを広い業務システム分野で享受できます。「Asakusa」を利用することで4時間かかっていたバッチ処理がほんの数分で完了した実績もあります。

「Asakusa」は、本日オープンソースとして公開されました。ソースコードも含めて広く公開することで、会社の枠を超えて広く優秀な技術者に「Asakusa」を利用して頂き、日本発のソリューションとしてIT業界の発展に大きく貢献したいと考えています。

■「Asakusa」のサイト
リンク
リンク


※Asakusa Framework及びこれらのロゴは、ウルシステムズ株式会社の日本及びその他の国における商標又は登録商標です。その他の製品名及びサービス名等は、それぞれ各社の商標である場合があります。

用語解説

(注)Hadoop 
オープンソースソフトウェアコミュニティ Apache Software Foundationにて開発・公開されている、分散処理を行う基盤ソフトウエア(リンク)。大規模データを多数のサーバーに分散して蓄積するとともに、大量・複雑な計算を並列処理し、データを高速に処理できる技術として注目を集めている。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事