logo

高度調光市場は2016年に2倍に拡大して26億ドルに

米国の市場調査会社、パイクリサーチ社が出版レポート「商業ビル向けの自動調光市場の分析と予測:商業ビルや集合住宅の共用部分のセンサと制御技術-Intelligent Lighting Controls for Commercial Buildings
Sensors and Control Technology for Commercial Buildings and Common Areas of Multi-Family Residential Properties: Market Analysis and Forecasts」のプレスリリースにおいて、世界の高度調光市場は2016年には35億ドルにまで成長するだろう、との予測を発表しました。

照明は世界の電力消費の17.5%を占めているが、商業ビルでは電源スイッチによる以外の調光はほとんど行われていない。高度調光は、照明システムを必要な空間に応じて反応させることができ、現在使用している空間であるか否かや、自然光がどの程度はいっているかなどに応じて、人工光を必要なだけ提供することができる。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「商業ビル向けの自動調光市場の分析と予測:商業ビルや集合住宅の共用部分のセンサと制御技術 ー Intelligent Lighting Controls for Commercial Buildings:Sensors and Control Technology for Commercial Buildings and Common Areas of Multi-Family Residential Properties: Market Analysis and Forecasts」は、高度調光市場は大きく成長する可能性があり、標準的なシナリオにおいて、2016年には13億ドルから26億ドルへと2倍に成長するだろうと報告している。積極的なシナリオでは、世界の高度調光市場は2016年には35億ドルにまで成長するだろうと予測している。


「高度調光市場は多くのトレンドによって採用が促進している。エネルギー消費の削減の機運とともに、グリーンな建造物の確立のためには高度調光システムが有効という認識が高まり、豊かな自然光の利用への関心が高まり、ビジネス環境における照明のレベルをよりよく管理したいという要求が高まっている」とパイクリサーチ社の常務Clint Wheelock氏は語る。


さらに、調光システムのネットワーク化と集中管理が進めば、ビルのエネルギー管理システム(BEMS)やスマートグリッドなどのアプリケーションとも一緒に運用することができるようになるだろう。またさらに、有線システムが採用されている従来ではあまり現実的ではなかった建造物においても、無線技術によって調光システムの採用が進むかもしれない。


【調査レポート】
商業ビル向けの自動調光市場の分析と予測:商業ビルや集合住宅の共用部分のセンサと制御技術
Intelligent Lighting Controls for Commercial Buildings
Sensors and Control Technology for Commercial Buildings and Common Areas of Multi-Family Residential Properties: Market Analysis and Forecasts
リンク


◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。