logo

「OKWave」にダイヤル・サービスの 顧問医・医療資格者など500名が回答参加

東日本大地震の被災者の健康相談に回答します

株式会社オウケイウェイヴとダイヤル・サービス株式会社は、このたびの東北地方太平洋沖地震(東日本大地震)の被災者の方々からの医療・健康相談にダイヤル・サービスの顧問医・医療資格者(助産師・保健師・看護師)とネットワークする医師、合わせて500人が回答します。また、女性の健康の悩みに対するFAQ(よくある質問とその回答)を提供します。

リンク
リンク (※モバイルからのみ)
リンク

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任、以下オウケイウェイヴ)とダイヤル・サービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:今野由梨、以下ダイヤル・サービス)は、このたびの東北地方太平洋沖地震(東日本大地震)の被災者の方々からの医療・健康相談にダイヤル・サービスの顧問医・医療資格者(助産師・保健師・看護師)とネットワークする医師、合わせて500人が回答します。また、女性の健康の悩みに対するFAQ(よくある質問とその回答)を提供します。

今回のオウケイウェイヴとダイヤル・サービスの取り組みは、オウケイウェイヴの運営するQ&Aサイト「OKWave」(リンク)をはじめとするQ&Aサービスにて、ダイヤル・サービスがネットワークする約500名の医師・医療資格者が東日本大地震の被災者の方々への支援を行います。
「OKWave」に設置した医療相談カテゴリ(リンク)にて、被災者の方々からの質問に医師・医療資格者が回答します。
また、オウケイウェイヴが運営する女性医師に質問できる女性のための携帯医療相談サイト「kikimimi[キキミミ]」(リンク)にて、ダイヤル・サービスの監修により、とくに女性から多い健康相談をFAQ(よくある質問とその回答)として公開します(3月18日より公開)。

サイトの閲覧・質問はすべて無料でご利用いただけます(質問は無料の会員登録が必要です)。

■Q&Aサイト「OKWave」の「医療相談」カテゴリにて回答 リンク
「OKWave」上の「医療相談」カテゴリにて、ダイヤル・サービスがネットワークする医師・医療資格者約500名が医療・健康相談にお応えします。
※サイト上で診断・医療行為そのものを行うサービスではありません。

■女性のための携帯Q&Aサイト「kikimimi[キキミミ]」に女性から多い健康相談FAQを公開 リンク
女性医師に健康・医療相談できる女性のための携帯Q&Aサイト「kikimimi[キキミミ]」(3キャリア公式サイト)にて、とくに女性から多い健康相談への回答をFAQ(よくある質問とその回答)として公開します。

■Q&Aサイト「おけったー」にて医療・健康相談 リンク
Twitterと連動したQ&Aサイト「おけったー」上でも気軽に医療・健康相談できる場を用意。ダイヤル・サービスがネットワークする医師・医療資格者の回答と共に、おけったーを利用するTwitterユーザとも連携し、利用者同士による病院等の地域の情報の交換も可能です。

■ハウツー共有コミュニティ「OKGuide」にて、医療・健康ハウツー特集
リンク
「OKGuide」上に、体調不良の際の対応策や予防策などのハウツー情報をダイヤル・サービスがネットワークする医師・医療資格者より提供します。

■国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」にて、外国人向け医療・健康相談
リンク
「ARIGATO」上では、20言語で医療・健康相談を受け付けます。ユーザ同士が翻訳することで、様々な言語のサイト利用者の医療・健康相談に応えます。
※ダイヤル・サービスの医師・医療資格者の回答は日本語となります。翻訳はユーザ同士によるものです。

■株式会社オウケイウェイヴについて リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。現在のネットサービスの潮流であるソーシャルメディアやソーシャルサーチと呼ばれるQ&Aサイトを2000年1月より「OKWave」(リンク) として運営しています(月間PV:8,200万以上 ※2010年12月末現在、本体サイトのみ)。「OKWave」が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内140サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを応用・体系化し、特許技術を有するエンタープライズFAQソリューション「OKBiz」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを、サポート市場を中心に国内大手企業、自治体等210サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には日本のオンラインサービス事業会社としては初めて米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降もTwitterと連動したQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、Facebookから20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」(リンク)、モバイルでの各種専門領域Q&Aサービス等、2012年の20ヶ国語、200ヶ国への事業展開を目指し、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出していくサービスを提供し続けています。

■ダイヤル・サービス株式会社について  リンク
ダイヤル・サービス株式会社は1969年5月設立。電話を日本で初めてビジネスツールとして利用した「電話秘書サービス」を立ち上げました。その後、育児相談「赤ちゃん110番」、24時間健康相談、セクハラ相談「セクハラ・ホットライン」、コンプライアンス通報窓口「企業倫理ホットライン」など、日本初のサービスを次々と開設。創業から43年目の現在、電話、WEB、FAX、TV電話をツールに、30ほどの分野で相談サービスを行っています。創業から現在まで、社会で不安や悩みを抱える人々をサポートし、ご相談者の声をもとに社会のしくみづくりのために様々な提言も行ってきました。今後も「May I help you?」の精神のもと、社会から必要とされるサービスを提供し続けてまいります。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。