logo

データ連携ソフトウェア(EAI)の最新バージョンDataSpider® Servista 3.0を発表

─ クラウド対応を強化し、チーム開発、ユーザビリティ、運用の機能も拡張 ─

株式会社アプレッソ (本社:東京都文京区 代表取締役社長:長谷川 礼司 以下 アプレッソ)は、本日付けで、同社が開発、販売するデータ連携ソフトウェア(EAI)「DataSpider Servista(データスパイダー、以下 DataSpider)」の最新バージョンである「DataSpider Servista 3.0 (以下DataSpider 3.0)」を発表します。

最新バージョンのDataSpider 3.0は、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド(IaaS)の任意の場所へデータ連携サーバーを配置することが可能な「DataSpider on Cloud」、Webブラウザ上で動作する開発クライアント「DataSpider Studio for Web」を提供します。加えて、「チーム開発、ユーザビリティの向上、システム運用管理の強化」も行っています。さらに今後、さらに進展していくパブリッククラウドの各種サービスとの連携をタイムリーに提供するために、提供中のパブリッククラウド連携アダプタの機能拡張版「DataSpider for CloudフェーズII」として、DataSpider 3.0上でも随時提供をしていく予定です。
最新バージョンのDataSpider 3.0は、2011年第2四半期中の出荷開始を予定しています。


【発表の概要 DataSpider Servista 3.0】
DataSpiderは、国内1300社以上の導入実績を持つ、データ連携ソフトウェアです。DataSpiderは、企業システムの様々なタイプのデータやアプリケーションなど異なるデータを連携するサービスの開発、テスト、運用をGUIによりノンプログラミングで容易に行えるEAI(エンタープライズアプリケーションインテグレーション)製品です。最新バージョンのDataSpider 3.0は、現バージョンDataSpider Servista 2.4の機能に加え、「DataSpider on Cloud」、「Webブラウザ上で動作する開発クライアント DataSpider Studio for Web」、「チーム開発、ユーザビリティの向上、システム運用管理の機能の強化」が含まれます。さらに、現在提供中のパブリッククラウド連携アダプタの機能強化版「DataSpider for CloudフェーズII」を随時提供していくことも計画しています。


【DataSpider 3.0発表関連イベント「DataSpider最新事例&ソリューション紹介セミナー」】
オンプレミス-クラウド連携、複数クラウド共存のシステム環境へのデータ連携ハブとしてさらに進化した、DataSpider 3.0情報と今後のデータ連携の展望、月島機械様、沖電気カスタマアドテック様他の活用事例、モバイル-EAI、クラウドソリューションを紹介するセミナーを3月8日大阪、3月15日東京で開催します。
▼セミナー詳細はWebを参照してください。 
リンク 


【DataSpider 3.0 機能強化】
DataSpider 3.0では、主に以下の3つの機能強化を行っています。さらに今後のクラウドサービス連携の強化計画としてDataSpider for Cloud フェーズIIの提供を予定しています。

1、DataSpider on Cloud
最新バージョンのDataSpider 3.0は、現バージョンDataSpider 2.4の機能に加え、従来、オンプレミスに配置していたDataSpiderサーバーを、プライベートクラウドやパブリッククラウドのIaaS上に配置することも可能になります。


2、DataSpider Studio for Web
新機能のWebブラウザ上で動作する開発クライアント「DataSpider Studio for Web」が提供されます。DataSpider Studio for Webは、データ連携のスクリプト作成、マッピングなどの操作をWebブラウザ上で行うことができる新しい開発クライアント環境です。


3、 チーム開発、ユーザビリティ、システム運用管理の強化
開発、ユーザビリティ、システムの運用管理の強化として、複数ユーザーによる開発支援 (チェックアウト/コミットモデル)の「チーム開発機能」、テーブルブラウザ データベースのテーブル情報を透過的にアクセス/情報表示するテーブルブラウザ、エラーコード体系のマッピング、ヘルプのデザインの刷新といった「ユーザビリティの向上」、サーバー移行単位を細粒度化し、トリガー、プロジェクト、サービス、グローバルリソースなど、移行対象の個別選択が可能な「システム運用管理の強化」を提供します。


4、DataSpider for CloudフェーズII 計画
DataSpiderの現バージョン2.4で提供中のパブリッククラウド連携のアダプタ(Salesforce、Windows Azure、Google Apps、Amazon Web Services、ニフティクラウド)をDataSpider 3.0でも同様に提供します。さらに、提供中のパブリッククラウド連携アダプタ「DataSpider for Cloud(フェーズI)」は今後の連携先のサービス拡充を加味して、随時機能拡張(フェーズII)を予定しています。各パブリッククラウド連携アダプタのフェーズIIは、今後随時 提供していきます。


【製品情報】
製品名 :DataSpider Servista 3.0
出荷開始日 :2011年第2四半期 出荷開始予定

パッケージ料金:構成により異なります。詳細はアプレッソまたは販売店にお問合せください。
DataSpider Studio for Webクライアント料金:本機能はパッケージの有料オプション提供です。
1ユーザー接続単位 25万円(税別)
5ユーザー接続パック単位 100万円(税別)
旧バージョンからの移行: 保守契約中のユーザーは、上位バージョンへの移行が可能。


【DataSpider Servistaについて】
DataSpider Servistaは、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、素早く簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ソフトウェアです。プログラミングの高い知識を必要としないGUI開発環境を提供し、SAPやLotus Notes、データベースといった様々なタイプのデータを手軽に接続できるアダプタを介して、データ連携の自動化と業務の効率化を支援します。DataSpiderは業種を問わず、広範な業務に利用できるため、国内1300社を超えるお客様の生産性向上とコスト削減にお役立て頂いています。
DataSpider製品Webサイト リンク


【株式会社アプレッソについて】
株式会社アプレッソ  〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
代表取締役社長  長谷川 礼司    設立: 2003年12月   資本金: 2億6700万円


「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、データ連携ソフトウェア「DataSpider」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジュール連携「PIMSYNC」製品の開発・販売・サポートを行っています。主力製品のデータ連携ソリューション 「DataSpider」は発売以来、国内1300社以上のお客様にご導入いただいております。(2011年2月現在)アプレッソは、多くの販売パートナーとのサポートやコンサルティング・サービスでの協業により、広範な企業ユーザーの開発効率、生産性、コスト削減に貢献するソリューションを提供しています。


【ニュースリリースに関するお問合せ】
株式会社アプレッソ 企画部 (担当:伊藤、桑田)   E-Mail: info@appresso.com
TEL:  03-4321-1111  FAX:  03-4321-1112   アプレッソWeb:リンク

【商標関連】
・APPRESSO、DataSpider、アプレッソ、データスパイダーは株式会社アプレッソの商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標で

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。