logo

トランスコスモスグループ、沖縄県の「コールセンターエントリー人材育成事業」業務を受託 ~約3000名の雇用実績と世界3位の研修制度で、沖縄県の雇用創出・人材育成に貢献~

 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715 以下、トランスコスモス)と、グループ子会社のトランスコスモス シー・アール・エム沖縄株式会社(本社:沖縄県沖縄市、代表取締役社長:下總邦雄、以下、CRM沖縄)は、沖縄県が実施する人材育成事業である「コールセンターエントリー人材育成事業」を受託しました。

 沖縄県が実施する「コールセンターエントリー人材育成事業」は、沖縄県の重点産業である情報通信産業のひとつに位置づけられているコールセンター産業で即戦力となる人材を育成し、失業率の改善につなげることを目的として企画募集が行われたもので、トランスコスモスグループが受託しました。CRM沖縄のコールセンター拠点において、1グループ8名、4グループで、Off-JT研修(1ヶ月)とOJT研修(5ヶ月)(※1)を実施し、合計32名、6ヶ月間の雇用を創出します。さらに研修終了後には、就業状況や本人の意向により、CRM沖縄にて継続雇用します。


 トランスコスモスとCRM沖縄は、沖縄県内4箇所のコールセンター拠点にて、約3000名のコミュニケーターを雇用しており、今後も事業拡大に伴う雇用の拡大を見込んでいます。今回提供する人材育成研修は、2009年に開催された「The 2009 Contact Center World Awards」世界大会において世界3位(※2)になった、CRM沖縄独自の研修制度や、トランスコスモスグループの長年にわたるコールセンター運営ノウハウを基に設定したカリキュラムとなっており、コールセンターの即戦力人材の育成に貢献します。

 トランスコスモスとCRM沖縄では、コールセンター応対コンクール開催などのインセンティブ制度、キャリアアップをはかるための認定制度、長期雇用を前提とした正社員登用制度などさまざまな施策で、従業員の労働意欲向上に努めています。


(※1)Off-JT研修とOJT研修とは
Off-JT研修 :仕事の場を離れて行う人材育成(能力開発)。Off-JT(Off the Job Trainingの略)
OJT研修 :実際の仕事を通じて行う人材育成(能力開発)。OJT(On the Job Training の略)
(※2)「The 2009 Contact Center World Awards」世界大会3位の詳細は、
2009年11月9日発表のプレスリリース(リンク)をご覧ください。


※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。


(トランスコスモス株式会社について)
1966年に事業を開始して以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より付加価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。コールセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独、または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、売上の拡大、新規顧客の獲得などを実現する、総合的なITアウトソーシングサービスを提供しております。さらに、これらのサービスは国内だけでなく、アジアを中心に、グローバルに展開しております。当社は高品質なアウトソーシングサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global IT Partner」を目指しています。
(URL: リンク)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事