logo

セラーテム、米国大手地理情報システム企業 GeoCue社が、当社新製品「MrSID(R) Generation 4 Decode SDK」を採用

株式会社セラーテムテクノロジー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田 修)の米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門の新製品、「MrSID(R) Generation 4 Decode Software Development Kit (MG4 DSDK)」が、米国大手地理情報システム企業であるGeoCue社の製品「LP360 for ArcGIS(TM)」とそのアプリケーションに採用されました。

GeoCue社のLP360製品は、業界最大手のESRI社の提供するESRI(TM) ArcGIS環境において LiDARデータ(近年多用されている測量手法によって得られた地理情報データ)の運用を可能にするものです。そして当社では大容量なLiDARデータの高圧縮ツールであるソフトウェア「LiDAR Compressor(TM)」を販売しております。

今回のGeoCue社による当社製品「MrSID(R) Generation 4 Decode Software Development Kit (MG4 DSDK)」の採用により、当社製品を利用している顧客は、業界最大手ESRI社製ソフトウェア環境においても、直接的に複数のサービスを違和感なく統合して活用でき、LizardTechRの 「LiDAR Compressor(TM)」を使用して、1/4から1/10程度まで圧縮されたLiDARデータの閲覧が可能になります。同じく、GeoCue社LP360製品の顧客も、これまで大容量で管理や共有が困難であったLiDARデータが、当社製品により問題が解消されます。

当社は、他社のGISアプリケーションでは、膨大なデータサイズのため閲覧や共有など扱いが困難であったLiDARデータへのアクセスを、より迅速かつ快適にご利用いただくため、今後も他社との提携強化を図っていきます。

詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
リンク

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社セラーテムテクノロジー
IR担当  
TEL: 03-6820-0740

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事