logo

ビットアイル 独立系iDC事業者として日本国内初 「10Gbpsインターネット接続サービス」を全データセンターで標準メニュー化

株式会社ビットアイル(代表取締役社長兼CEO:寺田航平 本社:東京都港区 以下ビットアイル)は、独立系インターネットデータセンター事業者では日本国内初となる、最大10Gbps帯域を利用可能な「10Gbpsインターネット接続サービス」を、展開する4つのデータセンター全てで標準メニュー化し、2011年2月15日より提供することを発表いたします。「10Gbpsインターネット接続サービス」により、ビットアイルデータセンターの利用企業は、これまで以上に広帯域のインターネット接続回線の利用が可能になり、より安定したインフラ構築・運用を実現することができます。

近年、インターネットを経由して配信されるコンテンツの大容量化や、スマートフォンやタブレット端末の普及によるマルチデバイス化とそれに伴うデータセンターにデータを集約し、配信するクラウド型サービスの拡大などにより、インターネット上のトラフィック量は急激に増加しています。そのような状況の中、インターネットを基盤に事業を展開するITサービス事業者のサービスを支えるネットワークインフラは、広帯域化への対応が求められています。
ビットアイルは、これまでもオンラインゲーム、大規模ECサイト、動画配信サービスなどを提供するITサービス事業者数社の1Gbpsを超える帯域のインターネット接続ニーズに個別対応してまいりましたが、IaaSなどのクラウドサービスをはじめとする新たな事業者などからも,今後大きな需要が見込まれるため、標準サービスとして「10Gbpsインターネット接続サービス」を提供することにいたしました。


■「10Gbpsインターネット接続サービス」の特長

 ・容易な回線帯域アップグレード
1Gbps単位で1Gbps~10Gbpsまで回線帯域を選択でき、広帯域化もスムーズに行うことが可能です。

 ・短納期
通常2~3カ月の納期を要する広帯域回線を標準サービス化することで、ビットアイルが運営する4つのデータセンターの全てで、最短15営業日で利用を開始することが可能となりました。これにより、ITサービス事業者の機会損失を最小限に抑えることが可能になります。

 ・高可用性
約90Gbpsの自社回線運用の実績・経験と技術力により、高可用性のインターネット接続サービスを提供します。また、ビットアイルのバックボーンは、複数のキャリアとそれぞれ広帯域でBGP接続されたマルチホームを採用しており、上位ネットワーク障害時も、同じIPアドレスのままインターネットとの接続環境が守られる、システム構成を実現しています。

 ※「インターネット接続サービス」については、以下のURLをご覧ください。
リンク

ビットアイルは、今後もITサービスを提供する事業者のニーズに合ったきめ細かなサービスを提供し、ITサービス事業者のビジネス成功を支援してまいります。
以上


【株式会社ビットアイル会社概要】
株式会社ビットアイルは、①インターネットデータセンター(iDC)の運営等を行うiDC サービス、②ハードウェアからソフトウェアまでの運用サービス、監視サービス、セキュリティサービス、レンタルサービス等を提供するマネージドサービス、③システムインテグレーションサービス、エンジニアリングサービス等を提供するソリューションサービスという3つのサービスにより、顧客のニーズに合致したあらゆるIT サービスを、ワンストップ(顧客のストレスを最小化)で、可能な限り月額課金化(顧客が利用しやすいサービス形態)して提供する「総合ITアウトソーシング」事業を展開しています。

社名: 株式会社ビットアイル(JASDAQ:3811)(英文表記:Bit-isle Inc.)
所在地: 東京都港区東新橋1-9-2
設立: 2000年6月
資本金: 27億2,453万円(2010年10月31日現在)
代表者: 代表取締役社長兼CEO 寺田 航平
URL: リンク


<本リリースに関するお問合せ先>
社長室
TEL: 03-6252-3522
e-mail: ir@bit-isle.co.jp

<サービスに関するお問合せ先>
マーケティング本部サービス開発部
TEL: 03-6252-3524
e-mail: sales@bit-isle.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。