logo

防衛ロボット

軍事用のUAV、UGV、UUV、作業ロボット

20世紀には、武器と軍事技術に関する技術開発の努力の多くが、力で都市全体を排除する武器の作成に注力していた。現在では、闘争は変化し、軍事システムや技術設計の発展によって、戦闘員の選択、確認、排除の作業効率を向上し、巻き添え被害を最小限にすることを目標とするようになっている。無人システムは軍事の分野では特に新しくはないが、その洗練、性能、レベルの向上はこの20年間で大きく進んだ。デバイスの自動的な作動を可能にする論理プログラムなどの、ロボット技術の発展は、多くの操作をより早く、正確に、既存の技術より安価に、かつ人命を尊重して実行できる兵器を生み出している。この調査レポートは、防衛ロボットの市場を調査し、無人航空機、無電操縦無人機、無人陸上車両、無人潜航艇とこれらの主要部品に注目して、それぞれの概観と支出を、金額と出荷数ベースで、2010-2016年の世界の主要地域毎に予測している。


【調査レポート】
防衛ロボット:軍事用のUAV、UGV、UUV、作業ロボット
Defense Robotics
UAVs, UGVs, UUVs, and Task Robots for Military Applications
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。