logo

RFパワー半導体

シリコン、ガリウムナイトライド、ガリウムヒ素、シリコンカーバイド高出力RFデバイス

携帯電話などの無線デバイス、ラジオやテレビの放送、MRI機器などの医療用機械、レーダー、宇宙/衛星通信、警察/消防無線、軍用通信、すべてのエレクトロニクスなど、送信機回路のRFパワーアンプを利用する無数のサービスがある。これらの送信機の多くは、RFパワーアンプの出力段階で半導体を使用している。非常に高出力の放送用送信機は従来、RF部分で大きな真空管を使用してきたが、ついにソリッドステートデバイスを使用しはじめるようになった。 この調査レポートは、出力5ワット、周波数3.8GHz以上のRFパワー半導体デバイスを調査しており、現在使用されているほとんどのアプリケーションを網羅している。



【調査レポート】
RFパワー半導体:シリコン、ガリウムナイトライド、ガリウムヒ素、シリコンカーバイド高出力RFデバイス
RF Power Semiconductors
Silicon, Gallium Nitride, Gallium Arsenide, and Silicon Carbide High-Power RF Devices
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事