logo

“スイーツ男子”の6~7割が、バレンタインに「自分用スイーツ」を購入予定

~首都圏/関西圏の20~30代男性に聞いた“スイーツ男子”に関する調査~

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、首都圏/関西圏の20~30代の男性スイーツ購入者に焦点をあて、“スイーツ男子”に関する調査を実施しました。

【調査背景・目的】
 数年前までは、「男性が甘いものなんて・・・」というような雰囲気もあったようですが、街中ではスイーツを扱うお店に並ぶ男性を見かけたり、実際に「スイーツ好き」をカミングアウト(?!)する男性も増えてきているようです。
 いわゆる“スイーツ男子“の実態を把握するための調査を実施し、20~30代とシニア層のバレンタインデーの迎え方も比較しました。

※「スイーツ男子」の定義 : ここでは「スイーツの好きなレベル」について、「かなり好きな方だと思う」、「好きな方だと思う」と回答した人のことを指します。

※調査対象者は、直近3ヶ月以内にコンビニエンスストアと、スイーツ専門店(店頭/通信販売)、デパ地下のいずれかの店舗で冷蔵スイーツを購入し、自分で食べた人



【調査結果トピックス】
●スイーツを購入した男性の5割近くが、「スイーツ大好き」を自認。
 スイーツの調達先として、9割の“スイーツ男子”がコンビニとスイーツ専門店を併用。


●“スイーツ男子”のスイーツ購入頻度は?
 スイーツ専門店やデパ地下でのスイーツ購入は、「週に1度購入するかしないか」


●“スイーツ男子”の6~7割が、バレンタインに「自分用スイーツ」を購入予定。
 シニア層はバレンタインデーをどのように迎える?



----------------------------------------------
“Cross Scope”(弊社自主調査)の一覧はこちら
 リンク
----------------------------------------------


【調査結果の概要】
調査手法:インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)

調査対象:首都圏と関西圏の20~39歳有職者で、直近3ヶ月以内にコンビニエンスストアと、スイーツ専門店     
     (店頭/通信販売)、デパ地下のいずれかの店舗で冷蔵スイーツを購入し、自分で食べた人
     ※同様の設問項目を60歳以上の「本人もしくは、配偶者がリタイアしている人」にも聴取している  
    
有効回答数:2,024サンプル
      このうち、「スイーツ男子」については、20~30代の671サンプルをベースとしている 

調査期間:2011年1月12日(水)~1月14日(金)



【本件に関するお問合せ先】
株式会社クロス・マーケティング  
広報担当 大島


TEL:03-3549-0603  FAX:03-3549-0232  
E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp


【引用・転載時のクレジット表記のお願い】
本リリースの引用・転載時には、必ず当社のクレジットを明記いただきますようお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事