logo

マイクログリッドシステムの収益は2016年に17億ドル

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「マイクログリッド市場調査: 分散型発電、安全な配電網の独立化、信頼性の向上、緊急サービスのためのスマートエネルギー統合プラットフォーム: Microgrids:Smart Energy Aggregation Platforms for Distributed Power Generation, Safe Grid Islanding, Reliability, Security, and Emergency Services」のプレスリリースにおいて、マイクログリッドシステムの世界の収益は2011-2016年に14420万ドルから17億ドルに成長するだろう、との予測結果を発表しました。

マイクログリッドは、スマートグリッド技術を並列型や電力会社の電力網のアイランド型の分散発電やエネルギー貯蔵の高度な管理を実現する、従来の発電や配電に変わる有効な方法である。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「マイクログリッド市場調査:分散型発電、安全な配電網の独立化、信頼性の向上、緊急サービスのためのスマートエネルギー統合プラットフォーム - Microgrids : Smart Energy Aggregation Platforms for Distributed Power Generation, Safe Grid Islanding, Reliability, Security, and Emergency Services」は、新規のマイクログリッド計画は140以上あり、世界の総発電量は1.1ギガワット(GW)以上であるだろうと報告している。既存の石油会社や大学構内のシステムをも含めれば、発電総量は1.8ギガワットになるだろう。パイクリサーチ社は、標準的なシナリオでも、マイクログリッドシステムの世界の収益は、今後数年間CAGR64%の成長を継続して、2011-2016年に14420万ドルから17億ドルに成長するだろうと予測している。規制構造、産業のプライオリティ、公共の政策支援に関してより積極的なシナリオによる予測では、マイクログリッドの収益は同予測期間に30億ドルを上回るだろう。

【調査レポート】
マイクログリッド市場調査:分散型発電、安全な配電網の独立化、信頼性の向上、緊急サービスのためのスマートエネルギー統合プラットフォーム - Microgrids : Smart Energy Aggregation Platforms for Distributed Power Generation, Safe Grid Islanding, Reliability, Security, and Emergency Services
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。