logo

中堅企業向けにクラウド型BIソリューション「InfoCabina Cloud BI」を1月28日から販売開始

安価で人員をかけずに経営情報の見える化・分析が可能に

NTTソフトウェア株式会社(以下、NTTソフトウェア 本社:東京都港区、代表取締役社長:伊土 誠一)は、経営情報を見える化し、迅速な意思決定を支援するBI※1ソリューション「InfoCabina」のクラウド型サービス「InfoCabina Cloud BI(インフォキャビナ クラウド ビーアイ)」を主に中堅企業向けに1月28日から販売開始いたします。

導入企業は、以下のようなメリットがあります。

(1)TCO削減
本サービスを利用した場合、パッケージ導入に比べ、設備費用などの初期投資コストや、運用に関する作業負担や専門スキル要員の手配などのランニングコストを安価に抑えることができます。従来のパッケージを活用したシステム構築と比較すると、導入時から三年間にかかるコストを最大約3/4に低減可能※2です。

(2)導入支援サービス
BIソリューションにおいて弊社が長年蓄積したノウハウをもとにした導入支援コンサルティング
サービスも併せて用意しています。BIを活用するための業務設計や分析方法を効率よく活用
するサポートを行いますので、専任担当者を設置しなくても利用を開始することができます。


BIソリューションに興味はあるものの、システム導入・運用費用が高価で導入を見送っていた企業は、経営情報の可視化を安価且つ人員をかけずにスタートできます。


販売開始日    2011年1月28日
提供価格     初期導入費用:10万円
月額利用料:25万円~(30名程度の利用を想定)
想定ターゲット  初期投資コストがネックとなり導入を控えていた、30名程度のBI未利用企業
販売目標     今後3年間で20社への販売を目指します。

【「InfoCabina」について】
「InfoCabina」はNTTソフトウェアが展開するリアルタイム経営、グループ経営を実現するBIソリューションです。業務予測、有益モデルの作成など、今だけでなく、近い将来の「見える化」が特徴で、現在国内で20件以上の導入事例を持っています。

製品サイト:リンク


【Infocabina Cloud BIサービス開始に関するエンドースメント】
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 リンク
営業統括本部 マーケティング部 部長 兼 Dr.Sum戦略室 
マネージャー 小島 薫 様

ウイングアーク テクノロジーズはNTTソフトウェア株式会社の「InfoCabinaCloud BI」のリリースを歓迎いたします。弊社のデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」をエンジンとした「InfoCabina Cloud BI」により、データ活用環境の低コスト、短期での提供を実現し、中堅企業を中心により多くの企業での情報活用が促進されることを期待いたします。


【NTTソフトウェア株式会社概要】 リンク
 NTTソフトウェアは、高度なネットワークテクノロジーとシステム構築力を基盤にICT経営戦略コンサルティングからシステム構築、保守・運用に至るまでをトータルに提供するソリューションサービスプロバイダです。「NTT SOFT e-Value Creation」をコーポレートスローガンに掲げ、お客様の経営課題解決や要望に確実にお応えするため、付加価値の高い最適なソリューションをお客様とともに創り出し、提供しています。


~本件に関するお問い合わせ先~

報道関係の問い合わせ先
NTTソフトウェア株式会社
営業推進本部 コーポレートコミュニケーション推進部門
上月(こうづき)/松岡/山森
TEL:03-5782-7040

一般の方の問い合わせ先
NTTソフトウェア株式会社
営業推進本部 法人営業部 ソリューション営業部門
一二三(ひふみ)
TEL:03-5782-7261
E-mail:infocabina@cs.ntts.co.jp

サイト リンク

用語解説

※1 BI(Business Intelligence) : 業務システムなどから蓄積される企業内の膨大なデータを、蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に活用する手法。その手法をITによって実現するソリューションをBusiness Intelligenceソリューション、通称BIソリューションという。

※2 システム導入にかかるコストを最大約3/4に低減可能
弊社による試算値。設備費、パッケージ費や設定費、保守費および手作業での運用するケースと、本サービスを採用し、三年間運用した場合、前者コストを100%とすると、25%を削減することができます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。