logo

モバイルネットワークのアンテナと屋上サイト

サイトリース、インフラ共有、ネットワーク共有

世界のモバイルオペレータは、最も収益性の高いネットワーク開発に投資するために、ビジネスモデルの改革を進めている。過去10年間は、インドと米国では、タワーサイトの独立所有と様々なオペレータがそれぞれのアンテナをリースしているという傾向が明確であった。それ以外の国々では、バックアップ電力の発電やバックホールなどのサイトインフラが共有されている。無線接続ネットワークの共有は、参加企業に大きな投資削減をもたらすため、多くのキャリアに支持されている。この調査レポートは、世界の各地域の新しいアンテナや屋上リース、サイトインフラ共有、RAN共有を解説している。市場促進要因や地域毎の市場構造を詳述し、予測を行っている。サイトリースとインフラ共有、RAN共有の世界の地域毎の2015年までの市場を予測している。


【調査レポート】
モバイルネットワークのアンテナと屋上サイト:サイトリース、インフラ共有、ネットワーク共有
Mobile Network Towers and Rooftop Sites
Site Leasing, Infrastructure Sharing, Network Sharing
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事