logo

正確に届かないメルマガが続出!購読者の5割以上が、配信性能に起因した遅延やスパム誤判定を経験。-メルマガの遅延を経験した人が半数以上、 迷惑メールフォルダに入ってしまった経験がある人が6割以上-

メール配信システム国内最大手のエイケア・システムズ株式会社は、企業のサイト運用者・マーケティング担当者を中心に、「メルマガ購読者の利用状況」に関するアンケートを実施しました(有効回答数191名)。その結果、メルマガの遅延を経験した人が半数以上、迷惑メールフォルダに入ってしまった経験がある人が6割以上にのぼるという回答が得られました。
メール配信システム国内最大手のエイケア・システムズ株式会社(本社:東京都港区、資本金:3億9千万円、代表取締役:有田道生、リンク、以下エイケア)は、企業のサイト運用者・マーケティング担当者を中心に、「メルマガ購読者の利用状況」に関するアンケートを実施しました(有効回答数191名)。その結果、メルマガの遅延を経験した人が半数以上、迷惑メールフォルダに入ってしまった経験がある人が6割以上にのぼるという回答が得られました。



◎多くの人が遅延や迷惑メールの誤判定を受けたメルマガ受信を経験。機会損失の大きな原因に…

今回の調査結果で、「購読している携帯メルマガを、届くはずの時間から遅れて受信した経験がある」人が54%にのぼり、多くの人が遅延したメルマガを受け取っていることが分かりました。また、「購読しているPC向けメルマガが、迷惑メールフォルダに入ってしまった経験がある」人が68%と高い割合を占め、送ったはずのメールがきちんと届いていないということも分かりました。これらは、主にメール配信システムの性能面に起因した問題です。

一方で、「購読しているメルマガから、実際に商品を購入したりクーポンを利用した経験がある」人が71%という結果になり、メルマガを購入手段として利用する人が多いこともわかりました。このことから、メルマガを有効活用する需要がたくさんあるにも関わらず、正確にメルマガを届けられないことで、大きな機会損失につながることが見て取れます。



◎デコメ・絵文字によるメルマガ配信が浸透。

「携帯向けメルマガのなかで、デコメや絵文字が使用されているメルマガを購読した経験がある」人が6割を占め、デコメや絵文字を使ったメルマガが浸透していることがわかりました。



エイケアが提供するMailPublisherシリーズは、0.2%の低遅延率と、1時間100万通の超高速配信を実現する高性能な配信エンジンを搭載し、3年連続シェアNo.1のメール配信システムです。これまで、約3000件以上の企業のメールマーケティングにおける課題を解決に導いてきました。今後も、メッセージング分野におけるリーディングカンパニーとして、企業のマーケティング活動をサポートしてまいります。



----------------------------------------------------------------------------

【エイケア・システムズ株式会社について】

メッセージングテクノロジを核とした、システムの導入コンサルティングから、ソフトウェア開発、システム運用までのトータルソリューションを提供(システムコンサルティングサービス、システムインテグレーションサービス、ASP、アプリケーションパッケージ販売)。

1999年12月設立。資本金3億9千万円。2009年9月期の売上高26億4千万円。メール配信市場において、3000件の導入実績、月間配信通数12億。ソースポッド発行「国内メール配信市場分析レポート2010」において、「2009年メール配信市場全体」・「2009年メール配信ASP市場」・「2009年メール配信パッケージ市場」シェアNo.1。富士キメラ総研発行「2010SaaS関連市場総調査」において「マーケティング用SaaS市場」シェアNo.1。

世界65カ国以上で意思決定分析ツール、信用情報サービス等を提供し、世界50カ国の市場、25以上の言語でメール配信事業を展開するグローバルなメールマーケティングプロバイダーであるエクスペリアン(イギリス)社と2010年1月より業務資本提携。エクスペリアンはロンドン証券取引所(EXPN)に上場し、FTSE 100 インデックスの銘柄にも選ばれています。



【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

エイケア・システムズ株式会社 営業部

フリーダイヤル:0120-60-9920 FAX:03-5786-2651 E-mail:info@a-care.co.jp



【報道関係お問い合わせ先】

エイケア・システムズ株式会社 マーケティング部 内海、吉澤

TEL:03-5786-2653 FAX:03-5786-2680

pr@a-care.co.jp(広報窓口)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。