logo

「Evernote」をカラー複合機でダイレクト操作― Evernote for SHARP MFP ―

株式会社ビジカ・ビジネスシステム(東京都台東区 代表取締役 川森基次 http://www.busica.co.jp/)は、シャープ製カラー複合機と業務用アプリケーションソフトをネットワーク経由で直接結びつける開発環境である「Sharp OSA」を用いて、クラウド型データ管理サービスである「Evernote」とカラー複合機との連携システムを実現いたしました。

この連携により、自席のPCを操作せずに、カラー複合機の操作パネルからダイレクトに「Evernote」を利用することが可能になります。
業務用複合機(MFP)のスキャナー機能を活用して紙文書をPDFデータなどに電子化するニーズは拡大しており、また電子データの最終保管先としてクラウドサービスが選択されるケースも急拡大しております。中でもビジネスパーソンを中心に全世界で500万人(2010年11月11日時点)が活用し、今後ビジネス展開も強化する「Evernote」が注目されており、連携ソリューションも各社から提供されています。
ビジカビジネスシステムは「Evernote」連携ソリューションにいち早く着目し、既にiPhoneアプリ「Busica for iPhone」を開発いたしておりますが、今回第二弾として「Evernote for SHARP MFP」を開発致しました。ビジネス利用ユーザーに向けて、シャープ製カラー複合機に「Evernote」連携ソリューションを組み込んだ形で販売してまいります。販売については関連会社である株式会社システムつう(大阪市中央区 代表取締役 柏木誠一 リンク)が担当いたします。

【連携システム概要】
・シャープ製カラー複合機に「Evernote」の利用者アカウントを複数設定することが出来ます(無料・有料ともに設定可能)。(一台の複合機を複数のEvernoteアカウントで利用可能です。)
・シャープ製カラー複合機の操作パネルをカスタマイズし「Evernote」の操作を素早く行うことを可能にしました。(スキャナーに、紙ベースの各種ドキュメントをセットし操作パネルのタッチオペレーションだけで「Evernote」にダイレクトにファイリングを行います。)領収書・名刺・ハガキ・カタログ・提案書・技術資料・計画書・報告書・決算資料・契約書などなどあらゆる紙ドキュメントを「Evernote」にファイリングしてしまうことが、シャープ製カラー複合機の操作だけで可能になります。
・非定形の小さなサイズからA3サイズまでスキャン出来るとともに、片面、両面の選択はもちろんBOOK形式のデータを見開き状態のままスキャンすることも可能です。(保存時のファイル形式はPDF・Tiff・JPEGデータで解像度の設定なども行うことが出来ます。)
・ファイリングにあたりノートの題名やタグを複合機の操作パネルで設定することが可能です。
・MFPから「Evernote」にファイリングされたスキャンデータをシャープ製カラー複合機の操作パネルからダイレクトに検索しプリントアウトすることが可能です。
・シャープ製複合機の適合機種と連携システムをセットにして提供いたします。(組み合わせ価格は月額リース代金9,980円<税別>から)


【アプリケーション開発元】 株式会社ビジカ・ビジネスシステム
〒110-0005 東京都台東区上野5-6-11リベラ秋葉原ビル4F
TEL 03-5812-4361 FAX 03-5812-4388 E-Mail info@milky-river.co.jp 担当 梶野 芳敬
サポートサイトURL  リンク

【システム販売元】株式会社システムつう
〒540-0025 大阪市中央区徳井町2丁目2番9号 米澤ビル徳井町201
TEL 06-6966-0391 FAX 06-6966-0392 E-Mail info@sysytemu-too.co.jp 担当 鶴屋 美由紀

※ Evernote は、Evernote Corporation の登録商標です。
※ その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事