logo

Russellグローバル・インデックス:2000年以来、インドは321%上昇

Seattle,WA, Dec 23, 2010 - (JCN Newswire) - Russellインド・インデックスでは、1999年12月31日からのリターンが321.1%を記録し、2000年12月17日までのRussellアジア太平洋地域インデックス(43.1%)のリターンの7倍以上、Russellグローバル・インデックス(34.8%)のリターンの9倍以上になりました。


Russellインド・インデックスは、インドのパフォーマンスが、2003年9月ごろからアジア太平洋地域およびグローバル市場を上回り、2008年初頭にピークに達し、2009年初めに70%以上下落しました。それ以降、Russellインド・インデックスは急速に回復し、Russellグローバル・インデックスのパフォーマンスを上回りながら、損失のほとんどを取り戻しました。


Russellグローバルインデックスには、61か国10,000以上の証券が含まれており、投資可能なグローバルマーケットの98%をカバーしています。ベンチマーク中の全証券は、規模・地域・国・セクターにより分類されています。主なコンポーネントの日次リターンは リンク からご覧いただけます。


免責条項: リンク


注:インデックスは管理されていませんので、直接投資はできません。リターンは過去の業績を示すものであり、将来の業績を保証するものではなく、特定の投資を示唆していません。Russellのインデックス公表は、特定の証券への投資に魅力があることを示唆したり、Russsellの声明や意見を暗示するものではありません。ある証券がインデックスに含まれていても、Russellがその証券を宣伝・後援・推薦していることにはなりません。また、Russellは、Russellインデックスに含まれるいかなる証券の業績についても、表明または保証を行いません。


Russell Investment Groupは、米国ワシントン州の企業で、Russell Investmentsなど世界各国の子会社を通じて事業を行っています。また、同社は、Northwestern Mutual Life Insurance Companyの子会社でもあります。


詳細情報のお問い合わせ
Lauren Goble
lauren@ryanfin.com
+852 9703 9161

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。