logo

グリーンスタンプグループ7社のグループ共通会計システムとしてERPパッケージ「ProActive E2」が本番稼動

~ITインフラ・法改正などの変化に強いシステム基盤構築を5ヶ月で実現~

住商情報システム株式会社 (豊洲本社:東京都江東区、代表取締役会長兼社長:中井戸 信英、以下 SCS)は、グリーンスタンプ株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:春日 政彦、以下 グリーンスタンプ)のグループ企業7社で利用する共通会計システムとして、ERPパッケージ「ProActive E2」が採用されましたので、以下の通り、お知らせいたします。なお、「ProActive E2」ビジネスパートナーの株式会社ソピア(本社:東京都千代田区、代表取締役:山岸 信一、以下 ソピア)がグループ共通会計システムの全体提案、導入を担当し、2010年8月に予定通り、本番稼動を迎えております。

1.機能強化の背景
グリーンスタンプでは、日本初のポイントサービス事業をスタートして半世紀を迎えようとしています。創業以来受け継がれてきた経営理念「お客様には夢を、お得意様には繁栄を、社員には幸福を」のもと、1,700万人のカード会員様と22,400店以上のお得意様に支えられる企業として成長してきました。現在では、「グリーンスタンプ」、「J-Point」といったポイントサービスの提供と「LAZY SUSAN(レイジースーザン)」を始めとする各種店舗の運営を中心に、グリーンスタンプグループの各社が事業を展開していますが、これら事業の成長・拡大に伴い、以下の課題を抱えていました。
 
①旧グループ共通会計システムでは、事業の成長に伴う業務量の増加に対し、早急な業務効率の改善が困難であったこと
 
②グループ全体における決算の更なる早期化、より迅速な意思決定を支援するシステムが必要であること
 
③旧システムでは、法改正や最新のITインフラへの対応、サーバ管理など、システムメンテナンスの負荷が高かったこと
 
2.新システム選定のポイント
グリーンスタンプでは、旧システムの課題を踏まえ、事業の成長・拡大に迅速に対応するためには「業務の標準化・効率改善」、「将来発生する法改正やITインフラの変化に柔軟に対応」を実現できるERPパッケージを核としたグループ共通会計システムが必要であると判断しました。提案依頼を受けたソピアは業務分析を実施した結果、業務適合率が高く、短期間で構築でき、グループ企業への導入実績が豊富なパッケージとして「ProActive E2」を提案。この提案を受け、グリーンスタンプは以下の点を評価し、「ProActive E2」をグループ7社の共通会計システムとして採用するに至りました。
 
<主な選定ポイント>
1.豊富な導入実績で得たノウハウが機能や操作性へ反映されており、グリーンスタンプグループにおける業務負荷軽減などの課題解決を実現できること。
 
2.各社の業務を包含できる豊富な機能により、標準機能での利用が可能なため、今後の法改正や最新のITインフラ、パッケージのバージョンアップによる機能強化へ柔軟に対応可能なこと。
 
3.グループ7社へ短期間で導入を行うことが可能であり、業務の標準化・効率改善、決算早期化など、自社課題の早期解決が実現できること。
 
3.グリーンスタンプ様のコメント
グリーンスタンプ 財務部長 磯崎 勝様のコメント
「今回、当社が抱えていた課題を早期に解決したいという要望に合わせ、「ProActive E2」を核としたグループ共通会計システムを提案いただいたことと、5ヶ月という短期間で本番稼動を無事に迎えることができたことについて、ソピア様には大変感謝しております。
この新システムの稼動により、我々の目的であった、事業拡大に対応できる業務プロセスと今後の変化に強いシステム基盤の構築を実現できたことで、見える化の促進により各社の財務状況を迅速に把握できるといった効果に期待しています。今後も、業務の標準化・効率改善を推進できるシステム機能の継続的な進化と強化に期待しています。」
 
「ProActive E2」について
「ProActive E2」は、“ProActive”シリーズの発売開始から17年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCSが開発したERP パッケージです。「環境の変化に強く、永く使える。成長する企業のERPパッケージ。」をベースコンセプトに開発され、会計に始まり、販売・購買在庫管理、資産管理、人事・給与まで、全13 の業務システムで構成されています。豊富な機能を活用した標準導入、連結決算の早期化、連結経営のスピード化を実現する「グループ統一システム導入」などの多くの事例を有するERP ソリューションです。IFRSといった大きな会計基準の変更にも迅速に対応し、統合されたビジネスプロセス、一元管理されたデータを基に、迅速な意思決定を実現するための経営を支えるシステム基盤を提供いたします。
 
ProActive WebサイトURL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。