logo

東京スター銀行にFAQ作成管理ツール『OKBiz』提供開始

広がるFAQ導入事例、FAQの活用でサポートの効率化と顧客満足度の向上を見込む

FAQ(よくある質問とその回答)ソリューションの提供、Q&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区)は、株式会社東京スター銀行(代表執行役頭取CEO:ロバート・エム・ベラーディ、本店:東京都港区)にFAQ作成管理ツール『OKBiz』を2010年12月13日より提供開始しました。

このたび、東京スター銀行に提供開始した『OKBiz』は、Webサイト上にてサイト利用者からのお問合せ情報の一元管理と、FAQ(よくある質問とその回答)の公開・管理機能を提供するシステムです。サイト利用者からお問合せの多い質問をFAQとして公開することで、利用者のサイト上での自己解決(セルフサポート)を促し、顧客サポートの迅速化、均質化を図ります。
東京スター銀行は『OKBiz』の導入により、サイト利用者からのお問合せ対応の一元管理とFAQのスピーディーな作成・編集・公開、閲覧履歴や満足度等の管理を実現。サイト利用者のニーズに即したFAQの充実を図り、FAQを参照することで利用者自身による速やかな問題解決と、それによる顧客満足の向上と利用の拡大が期待できます。

当社は『OKBiz』を通じて、BtoC、BtoB、社内外を問わず、スムーズで分かりやすい情報提供や問題解決策の提示が必要な場面においてFAQを活用したソリューションを今後も提供してまいります。

■株式会社東京スター銀行について
リンク
2001年6月創業。「ファイナンシャル・フリーダム(=お客さまをお金の心配から解放する)」を企業理念に、お客さまが金融に関するあらゆる問題を気軽に相談することができる店舗(ファイナンシャル・ラウンジ)を展開しています。従来のようなコンサルティングサービスとは異なり、一方的に銀行側がご説明するのではなく、目標達成に向けて、お客さまと共に資産運用についての解決策を見出していく手法を取っております。法人部門も、ノンリコースローンや事業の証券化など、新しい金融手法で中堅中小企業のお客さまを支援しています。

■FAQ作成管理ツール『OKBiz』(オウケイビズ)について
リンク
『OKBiz』は米国ヘルプデスク協会(HDI)と共同で策定したFAQの作成・編集・承認・公開のワークフローの業界標準「FAQ Management」を実装し、FAQ生成に関する特許技術を有するFAQ作成管理ツールです。HTMLの知識がない担当者でもFAQの更新等に関わる作業をWebブラウザ上にて簡単に作成・管理・運用できます。『OKBiz』の導入により平均約30%のお問合せを削減(OKWave調べ)。国内大手企業、自治体を中心に210サイト以上が採用、2005-2006 グッドデザイン賞(商品デザイン/ソフトウェア部門)を受賞しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて
リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。現在のネットサービスの潮流であるソーシャルメディアやソーシャルサーチと呼ばれるQ&Aサイトを2000年1月より「OKWave」(リンク) として運営しています(月間PV:6,500万以上、2010年9月末現在、本体サイトのみ)。「OKWave」が生み出す有益な2,300万件以上のQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内150サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを応用・体系化し、特許技術を有するエンタープライズFAQソリューション「OKBiz」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを、サポート市場を中心に国内大手企業、自治体等210サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には日本のオンラインサービス事業会社としては初めて米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も中国語(簡体字)Q&Aサイト「OKWave中日交流問答網」(リンク)、Twitterと連動したQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、Facebookから13言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」(リンク)、モバイルでの各種専門領域Q&Aサービス等、2012年の20ヶ国語、200ヶ国への事業展開を目指し、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出していくサービスを提供し続けています。

※文中の社名、製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。