logo

Fringe81「iogous(イオゴス)」、クリック率2倍・獲得コスト半分 > の広告改善結果報告

Fringe81株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 弦、社名よみ仮名:フリンジ ハチイチ)は、バナー最適化配信サービス「iogous(イオゴス)」(*)の導入件数が150件を超え、クリック率改善効果は1.7倍、直近2ヶ月では2倍と、アルゴリズムの学習効果により効果がさらに向上したことをお知らせいたします。

(*)「iogous(イオゴス)」とは: リンク 詳しくは文末資料をご覧下さい

2010年5月末に「iogous」の提供を開始して以来、12月時点で導入件数は150件を超え、直近半年の導入実績はクリエイティブオプティマイズ分野では最高件数となりました。(自社調べ)。既に多数の業種でご導入いただき、ダイレクトレスポンス/ブランド広告を問わず共に好評をいただいております。

「iogous(イオゴス)」導入後のクリック率の平均改善結果は、1.7倍、直近2ヶ月では2倍と、時間の経過とともにアルゴリズムの学習効果により効果改善が向上しています。
また11月1日にリリースした「コンバージョンデータに基づいた最適化機能」を利用することで、クリック率を下げることなくコンバージョン数向上の改善をすることが可能となりました。本サービスを使用することにより獲得コストが従来の半分になるなどの実績も出ています。
また利用可能メディアも、40媒体を突破し、純広告からアドネットワークまで利用可能となっています。

Fringe81では引き続き、東京大学 情報理工学系研究科、鹿島 久嗣 准教授と共同でアルゴリズム開発を続けてまいります。今後も「iogous」の機能強化を行い、さらにバナー広告配信効果が期待できるクライアントにとって有益なサービスを提供いたします。
以上

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事