logo

インフォテリア、米WaveMaker社(クラウド開発ソフトウェア会社)に出資

~ クラウドアプリ開発を簡易化するミドルウェアの共同開発で技術提携 ~

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下インフォテリア)は、米WaveMaker Software, Inc. (ウェイブメーカー ソフトウェア、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市、CEO:Christopher Keene、以下 米WaveMaker社)に出資比率10.7%で出資し、事業会社として米WaveMaker 社の筆頭株主になった(2010年11月)ことを発表いたします。

 米WaveMaker社が提供する製品「WaveMaker」は、既に世界中で、15,000人以上の開発者が利用中の「ノン・コーディング」をコンセプトとしたクラウドアプリケーションの開発環境です。優れたグラフィックユーザーインターフェイス(以下GUI)によりクラウド上でのアプリケーション開発工数を大幅に削減することが可能になります。

 インフォテリアは、米WaveMaker社を技術戦略パートナーとして提携し、同社の技術及び優れたGUIと市場シェアNo.1の実績を持つ「ASTERIA」のデータ連携技術を組み合わせることで、これからの企業クラウドを牽引する次世代クラウドアプリケーション開発環境を共同で開発してまいります。

 両社は、製品の共同開発に先駆け、日本語による「WaveMaker」開発者フォーラムを12月1日よりオープンし、「ノン・コーディング」でのクラウド移行やクラウドシステム開発を支援してまいります。
URL:dev.wavemaker.com/jp

 なお、本件に関連し本年度の業績に与える影響は軽微であります。

用語解説

■インフォテリア株式会社について
 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に1300社以上(2010年3月末現在)の企業に導入されています。
【ホームページ】 リンク

■WaveMaker社について
 2004年設立の米WaveMaker社は、現在15,000人以上の開発者コミュニティやアメリカ疾病予防管理センターを始めとする優良顧客を抱えています。同社の製品である「WaveMaker」は、ドラッグ&ドロップで直感的にクラウド上でのアプリケーション開発や適用が簡単に行えることが開発者に支持され、市場での導入数が伸びています。尚、「WaveMaker」のコミュニティ版はオープンソースとして提供されています。
【ホームページ】 リンク

※Infoteria およびインフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。
※ASTERIAはインフォテリアの登録商標です。
※本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

以上


■本リリース関するお問い合わせ先
インフォテリア株式会社 広報担当:嶋 かおる
TEL:03-5718-1297 FAX:03-5718-1261
E-mail:press@infoteria.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事