logo

クーポンはお得に利用したいが、異性といる際は気にする傾向

Q&Aサイト「OKWave」に寄せられた『クーポンサイト』に関する質問の傾向をリサーチ

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)は、同社が運営する日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(http://okwave.jp)にユーザから寄せられた『クーポンサイト』に関する質問内容の傾向を調査、その結果、クーポンのお得な活用法や期限の延長など、クーポン利用時の疑問のほかに、クーポンの利用場面について相談を寄せる人が多いことがわかりました。

「OKWave」では、2010年以降に投稿された『クーポンサイト』に関する質問内容を100件分析しました(対象期間:2010年1月~2010年11月)。その結果、【クーポンのサービス内容に関する疑問】が40%と最も多く、「クーポンを使って受けるサービスと通常のサービス、内容に違いはあるのでしょうか?」「複数のクーポンを組み合わせて使うことは可能ですか?」といったクーポンを使う際のサービス内容への疑問が多く寄せられました。
次いで多かったのは、【クーポンの入手方法】で23%。「共同購入で安くなるクーポンサイトを探しています。」「ケータイで見られるクーポンサイトを教えてください」といった質問が多く見られ、『クーポンサイト』に対する関心が高まっていることが伺えます。
また【クーポンのサービス内容に関する疑問】が多く寄せられる半面、クーポン利用時の悩みとして「友達の誕生日祝いの際にクーポンを使おうと思いますが、友達には気づかれない方がいいですよね?」「デートの際にクーポンを使うのは印象がよくないでしょうか?」など、【クーポンの利用シーンに関する相談】も寄せられています。【クーポンの利用シーンに関する相談】では、異性といる際にクーポンを使うことに対し相談を寄せている人が多く、回答者からは「出し方にもよりますが、初デートでクーポンを利用するのはやめたほうが無難ではないでしょうか。」といったアドバイスや「クーポンを準備しているのはしっかりしていると思えるので好印象。」など様々な意見が交換されています。

これら質問内容の傾向からは、クーポンを利用したいと考えるユーザ以上に、その利用シーンについて相談するユーザも多いことがわかる結果となりました。

「OKWave」は今後も、旬の話題、社会性の高い話題をはじめ、あらゆるジャンルで、安心して疑問・悩みを解決しあえる場を提供してまいります。

集計結果は以下をご覧下さい。


【クーポン利用に関する質問内容】
 質問内容(Q&A数)
・クーポンのサービス内容に関する疑問   40%(40件)
・クーポンの入手方法              23%(23件)
・クーポンの利用シーンに関する相談     17%(17件)
・クーポンそのものに関する疑問        12%(12件)
・クーポン利用時のエラー、トラブルの相談   8% (8件)

※対象期間:2010年1月~2010年11月


■日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」について リンク
「OKWave」は2000年1月オープンの日本初、最大級のQ&Aサイト。会員ユーザーからの質問に、別の会員ユーザーが回答する、インターネット上の助け合いの場を提供しています。ユーザーの知識・経験・知恵を引き出してコンテンツを生成・蓄積する「OKWave」の仕組みは、昨今の潮流であるソーシャルメディアやソーシャルサーチの代表格といえます(Q&A投稿数2,200万件以上、月間PV5,800万、※本体サイトのみ、2010年8月末現在)。テキスト投稿に加え、「動画」、「音声」、「画像」を用いたマルチメディアQ&A投稿が可能なほかiモード公式版、au公式版をはじめとするモバイル版(3キャリア対応)やiPhoneアプリも提供しています。「OKWave」は2008年度グッドデザイン賞を受賞しました。


■株式会社オウケイウェイヴについて リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。現在のネットサービスの潮流であるソーシャルメディアやソーシャルサーチと呼ばれるQ&Aサイトを2000年1月より「OKWave」(リンク) として運営しています(月間PV:6,500万以上 ※2010年9月末現在、本体サイトのみ)。「OKWave」が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内150サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを応用・体系化し、特許技術を有するエンタープライズFAQソリューション「OKBiz」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを、サポート市場を中心に国内大手企業、自治体等210サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には日本のオンラインサービス事業会社としては初めて米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も中国語(簡体字)Q&Aサイト「OKWave中日交流問答網」(リンク)、Twitterと連動したQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、Facebookから13言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」(リンク)、モバイルでの各種専門領域Q&Aサービス等、2012年の20ヶ国語、200ヶ国への事業展開を目指し、世界中の人と人を信頼と満足でつないで、ありがとうを生み出していくサービスを提供し続けています。

記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事