logo

EMC、Bus-Tech社を買収

メインフレーム・ユーザの老朽化したテープ・ベースのストレージ・インフラから次世代のディスク・ベースのバックアップ・ソリューションへの移行を加速

2010年11月10日、マサチューセッツ州ホプキントン発:
EMCコーポレーション(NYSE略号:EMC、以下EMC)は、マサチューセッツ州ベッドフォードに本社を置く、Bus-Tech社を買収したと発表しました。Bus-Techは、オープン・システムのディスク・ストレージを使ってメインフレームのデータの保護を行うVTL(仮想テープ・ライブラリ) ソリューションを提供する株式非公開会社です。
Bus-Techの製品は、メインフレームのバッチ処理、バックアップ、リカバリ、災害復旧、データ・アーカイブ・アプリケーションなど、EMCのソリューションを強化します。この買収により、Bus-Techは、EMCにおいて急成長している、次世代ディスク・ベースのバックアップとリカバリのソリューションを提供するバックアップ・リカバリ・システム部門に編成されます。この買収による、2010年通期のGAAPならびにnon-GAAPベースのEPSへの影響は見込まれておりません。
メインフレーム・ユーザのテープ・インフラストラクチャから次世代のディスク・ベースのバックアップ・ソリューションへの採用は、メインフレーム用の仮想テープとデータ重複除外のテクノロジーによって牽引され、Bus-Tech と EMCは、それぞれのテクノロジー分野で、リーダーとなっています。IDCは、2010年から2014年の、テープ・ストレージとメディアの売上予測を25億ドルとしており、メインフレームのテープ環境のディスク・ベース・ストレージに大きな市場機会があることを予測しています。
EMCのディスク・ライブラリや重複除外ストレージ・システムと、Bus-Techのメインフレーム用仮想テープ・ライブラリ・コントローラを組み合わせることで、複雑で老朽化したテープ・システムをコスト効率よく排除することが可能です。
Bus-Techは、2004年以来のEMC Selectパートナー・プログラムのメンバーであり、2008年3月にはEMCのOEMパートナーとなりました。2010年7月には、EMCと協力して、「EMC DLm960(Disk Library for Mainframe)」の重複除外ストレージ拡張オプションのリリースに貢献しました。「DLm960」は、市場で幅広く採用されているEMCの重複除外ストレージ「Data Domain DD880」 をベースにしたソリューションです。
Bus-Techのメインフレームへの接続性と重複除外ストレージ・システム「Data Domain」の組み合わせは、メインフレーム・ユーザに対し、実績ある製品と技術に基づいた、高性能のメリットを提供します。

■EMCコーポレーションについて
米国EMCコーポレーションは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーです。
EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
リンク

本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

EMC、EMC2、where information live、Data Domainは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。