logo

インフォテリア、ASTERIA MDM Oneの最新バージョンを出荷開始

~ 2倍の処理性能改善や従属関係マスターを管理可能に ~

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853)は、統合マスターデータ管理ソリューションであるASTERIA MDM Oneシリーズの最新バージョン「ASTERIA MDM One MI1.3」と「ASTERIA MDM One MH1.3」を本日から出荷することを発表いたします。

 最新バージョン「ASTERIA MDM One MI 1.3」では、従属関係マスターデータの管理が可能となりました。これは、製造業にて製・商品マスター統合時に要望の高かった機能であり、多階層で管理されているマスターデータ(製品情報と工程、部品など)に変更があった場合、一括でデータ変更することを実現します。これによりシステム構築工数が削減されるだけでなくユーザビリティの向上が可能になります。

 「ASTERIA MDM One MH 1.3」では、ニーズが顕在化してきた仮想環境への対応や、
2倍の処理性能改善をはじめ導入ユーザーからの要望を中心に機能強化を行いました。

ASTERIA MDM One MI最新バージョンで強化される主な点は、以下の通りです。
・従属関係マスターデータの管理機能の追加
・マスターデータ更新履歴
・Webフォーム設計機能の強化
・Firefox 3.6対応
出荷開始日:2010年11月1日

ASTERIA MDM One MH最新バージョンで強化される主な点は、以下の通りです。
・処理性能改善(当社比:200%)
・Citrix XenServer 対応
・VMWare ESX Server対応
・Microsoft Hyper-V対応
・Firefox 3.6対応
出荷開始日:2010年11月1日

用語解説

■インフォテリア株式会社について
1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に1,300社以上(2010年3月末現在)の企業に導入されています。
【 ホームページ 】 リンク

※Infoteria 、インフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。
※ASTERIAは、インフォテリア株式会社の登録商標です。
※本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
インフォテリア株式会社 広報担当:嶋 かおる
TEL:03-5718-1297 FAX:03-5718-1261
E-mail:press@infoteria.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。