logo

ルーメリカルソリューションズ社製 FDTD Solutions 7.0、フォトニック設計のための最適化ツールとコンフォーマルメッシュを提供

Vancouver, Oct 29, 2010 - (JCN Newswire) - ナノフォトニック設計ソフトウェアのグローバルプロバイダ、ルーメリカルソリューションズ社は、主力商品のFDTD Solutions 7.0で革新的な機能改善を行ったことを本日発表しました。FDTD Solutions 7.0での機能改善の内容には、パラメータスイープおよび最適化計算を簡単に行うための環境、ナノフォトニック設計用ソフトウェアでは業界初のコンフォーマルメッシュ、フォトニック結晶共振器のような複雑なデバイスを簡単にシミュレーションに取り入れるためのコンポーネントオブジェクト(プリミティブオブジェクトの拡張セット)、Mac OS Xのサポートなどがあります。


「ルーメリカル社は従来より、使いやすいCAD環境で最先端のアルゴリズムを組み合わせることにより、画期的なイノベーションを提供してきましたが、FDTD Solutions 7.0でもこの伝統を継続しています。」と、ルーメリカル社CTOのJames Pond (Dr.)は述べています。「非常に有効な最適化ツールを装備したFDTD Solutions 7.0は、現在使用可能なナノフォトニックデバイス設計用ソフトウェアでは最高のものです。設計者および研究者は、最良の設計コンセプトの評価および最適化を迅速に進めることができるようになりました。」


最適化設計、計算速度および精度を明確に重視した設計
FDTD Solutions 7.0で提供される独自のコンフォーマルメッシュ技術を利用すればエンドユーザーは高精度の結果を短時間で得ることができます。デジタル画像処理や太陽電池に代表される急速に進歩している技術分野では、コンフォーマルメッシュ技術を使った高速かつ高精度のシミュレーションが今後ますます要求されることになります。


コンフォーマルメッシュ技術は、異なる媒質間の境界に、積分形のマクスウェルの方程式を適用して,サブセルの精度を達成させるための高度な技術です。ルーメリカル社ではMulti-Coeffient Model (MCM)と呼ばれる、複雑で広帯域にわたる波長分散の特性を正確に取り扱うための独自のマテリアルモデルを開発しており、現実のデバイスの分散特性を非常に正確にシミュレーションに取り入れることができます.従って、MCMとコンフォーマルメッシュを併用すれば、異なる分散性媒質から構成された実際の光デバイスに非常に近い光学特性を高精度に計算することが可能です。


「弊社は、FDTD Solutionsを、薄膜太陽電池内部での光伝播のシミュレーションに使用しています。」と、米国カリフォルニア州パロアルトのBosch Research and Technology CenterシニアエンジニアのInna Kozinsky博士は述べています。「現実の太陽電池デバイスは、たいへん複雑で、多くの層から構成されていますが、FDTD Solutions 7.0のコンフォーマルメッシュを利用することで、非常に細かいメッシュを手動でセットアップしたり、大量のシミュレーション結果を分析しなくても、太陽電池の活性層の吸収を最適化することができます。」


FDTD Solutions 7.0に統合されている最適化フレームワークにより、マルチパラメータデバイス設計の最適化に必要な時間を大幅に短縮できます。


STマイクロエレクトロニクス社の光学特性評価および光学シミュレーション専門家のAxel Crocherie博士は次のように述べています。「FDTD Solutions 7.0の最適化機能を使えば、CMOSイメージセンサの量子効率を最適化するためのマイクロレンズの曲率半径や反射防止層の設計値を迅速に評価することが可能です。コンフォーマルメッシュと併用することで、光源の波長や入射角がどのようなものであっても、CMOSイメージセンサの量子効率の非常に正確なシミュレーションができます。特に、いくつかの光学薄膜で構成されたバックエンドの光伝播のシミュレーションには、素晴らしいものがあります。」


体験版およびソフトウェアの詳細
ルーメリカル社は現在FDTD Solutionsのリリース7.0を出荷しています。ご興味のある方は、30日間の無料体験版をオンラインでダウンロードできます。体験版のダウンロードおよびFDTD Solutionsの詳細については リンク をご覧ください。


ルーメリカルソリューションズについて
2003年の創業以来、ルーメリカル社は新しい光学製品のコンセプトを実現するための画期的なシミュレーション技術を開発してきました。ルーメリカル社は、最新のコンピュータ技術の性能を十二分に発揮させる高性能の光学設計ソフトウェアを提供することで、光学設計者が困難な設計目標に取り組み、厳しい納期に対応するための支援を行っています。ルーメリカル社のソフトウェアは、アジレント社、ASML社、ボッシュ社、キャノン社、Harris社、フィリップス社、オリンパス社、サムスン社、STマイクロエレクトロニクス社などの大手グローバル技術企業や、カリフォルニア工科大学、ハーバード大学、マックス・プランク研究所、マサチューセッツ工科大学(MIT)、米国国立標準技術研究所(NIST)、中国科学院などの著名な研究機関など、30か国以上で使用されています。ルーメリカル社が、設計目標の達成にどのように役立つかの詳細は、弊社ウェブサイト( www.lumerical.com )をご覧ください。


お問い合わせ先:
ルーメリカルソリューションズ社
Kristina Lee
604-733-9006 Ext.204
www.lumerical.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事