logo

3G/4G無線搭載の携帯型エンターテインメントデバイスの総出荷数は、2011年に1億を上回るだろう

米国市場調査会社、インスタット社は出版レポート「世界の3G/4Gポータブルエンターテインメント機器市場データ:地域/技術別出荷台数、製品タイプ別データ、2014年までの予測 - Worldwide 3G/4G Portable Entertainment Device Tracker」のプレスリリースにおいて、3G/4G機能搭載のPEDの総出荷数は2009-2014年に87%成長するだろう、との予測結果を発表しました。

セルラーネットワークへの接続性は、もはや携帯電話とラップトップPCだけのものではない。多くのポータブルエンターテインメントデバイス(PED)が、現在セルラーネットワークによる接続性を取り入れ、ネットワークオペレータ、コンテンツ保有者、メーカーに収入増加のビジネスチャンスを提供していると、米国調査会社インスタット社は報告している。今後5年間、3G/4G機能搭載のPEDのすべてのカテゴリが大きく成長するだろう。WCDMAは出荷数の大部分を占める要素技術であるだろうが、デジタルフォトフレームにおいてはGSMが優位となるだろう。


「3G/4G機能搭載のPEDのなかでも、単独型の電子ブック(Eリーダー)は好調で、今後数年間は世界の全ての地域で出荷数が大きく増加するだろう。北米は2014年まで、世界の3G/4G機能搭載のEリーダー市場の64%を占める最大の市場であるだろう。アジア太平洋地域の市場シェアはそれに次ぐ2位であるだろう」とインスタット社のシニアアナリストStephanie Ethier氏は語る。デジタルフォトフレームや個人向けのナビゲーションデバイスなどのPEDも、セルラー接続機能の採用を進めるだろう。


この調査レポートは、下記についても調査した。

●3G/4G機能搭載のPEDの総出荷数は、2009-2014年に87%成長するだろう
●アジアの3G/4G機能搭載のPEDの総出荷数は、2013年に500万を上回るだろう
●この調査レポートが調査対象としたPED市場のうち、Eリーダーだけが今後5年間に4G技術を採用するだろう
●西欧の3G/4G機能搭載のPEDの出荷数は、2011-2012年に542%増加するだろう


インスタット社の調査レポート「世界の3G/4Gポータブルエンターテインメント機器市場データ:地域/技術別出荷台数、製品タイプ別データ、2014年までの予測 ー Worldwide 3G/4G Portable Entertainment Device Tracker」は、3Gや4Gのモデムを内蔵してセルラーネットワークに接続する携帯型家電の様々な製品について、世界市場の概観や市場規模を提供している。Eリーダー、個人向けのナビゲーションデバイス、デジタルフォトフレームの出荷数予測、各ポータブルエンターテインメントデバイスカテゴリーの3G/4G技術毎(802.16e、LTE、WCDMA)、地域毎(北米、ラテンアメリカ、西欧、中東/アフリカ、アジア太平洋)の予測を、データ分析をカスタマイズできるマイクロソフトエクセルのピボットテーブル形式で提供している。


この調査レポートは、インスタット社の「Portable Entertainment Devices Information Service」の一環であり、ポータブルメディアプレイヤ、携帯ゲーム機、デジタルフォトフレーム等の人気のある携帯型デバイスについて分かりやすい分析を提供している。また、EリーダーやタブレットPCなどの新しい製品についても調査している。供給側と需要側の詳細、競争企業、市場規模、消費者態度と購買行動、市場全体の需要など、市場の動向を記載している。


【調査レポート】
世界の3G/4Gポータブルエンターテインメント機器市場データ:地域/技術別出荷台数、製品タイプ別データ、2014年までの予測
Worldwide 3G/4G Portable Entertainment Device Tracker
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。