logo

インドの太陽エネルギー太陽光発電の発電量はCAGR130%以上で成長

インドの調査会社RNCOS社が出版レポート「インドの太陽エネルギー市場調査:市場動向、地域毎の概観、主要関連企業 - Indian Solar Energy Market Outlook 2012」のプレスリリースにおいて、インドは政府の国立ソーラーミッションによって太陽光発電の発電量が2009-2013年にCAGR134%で成長するだろう、との予測結果を発表しました。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「インドの太陽エネルギー市場調査:市場動向、地域毎の概観、主要関連企業 - Indian Solar Energy Market Outlook 2012」は、太陽光発電セルの数はこの数年間で急成長したと報告している。太陽光発電モジュールの数もまた、大きく増加した。インドの多くの州で、太陽光発電の発電所の採用が進んでおり、インド政府の国立ソーラーミッション(全国ソーラー計画、National Solar Mission)によって、太陽光発電の発電量は、2009-2013年にCAGR134%で成長するだろうとRNCOS社は予測している。


2009-2013年の間、インドは、新興経済市場の大国の中では、中国を凌いで、世界で最も急速にエネルギー消費が増加する国の一つであるだろう。インドのエネルギー分野は、近年、規制をこうむったり、断続的な自由化や規制緩和を受けたりしてきた。しかし、インドのエネルギー産業には、依然として課題が残っている。RNCOS社は、これらを特定した。エネルギー、電気、石炭、天然ガス、石油、製品の消費に関する2013年までの予測を行い、再生可能エネルギーについても徹底的に議論した。


【調査レポート】
インドの太陽エネルギー市場調査:市場動向、地域毎の概観、主要関連企業
Indian Solar Energy Market Outlook 2012
リンク

◆インド市場調査会社 RNCOS社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。