logo

位置情報の代替技術

A-GPS、Wi-Fi、自動車用推測航法などの技術

位置情報の代替技術は、次世代モバイルのサービス、広告、収益の最も重要な要因となりつつある。グーグル、マイクロソフト、アップル、ノキア、フェイスブックなどの企業は、消費者向けの位置情報サービスのサポートや管理においてしのぎをけずっている。市場にとっては新しいビジネスチャンスでもあり脅威でもあるが、最終的には様々なポータブルデバイスや位置情報技術の普及が進むことになるだろう。
米国調査会社ABIリサーチの調査レポートは、様々な位置情報技術の市場を調査し、この市場の重要性と位置情報のバリューチェーンを通じての新しい収益の流れを明らかにしている。それぞれの位置情報の単独と組合せの市場予測、全ての主要なポータブルデバイスの市場、主要な企業、位置情報ベースの広告の収益増の主要な要因などについて記載している。


【調査レポート】
位置情報の代替技術:A-GPS、Wi-Fi、自動車用推測航法などの技術
Alternative Positioning Technologies
A-GPS, Wi-Fi, Dead Reckoning, and Other Technologies
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。