logo

中学受験専門家庭教師センターによる「日出中学校・高等学校 入試説明会(H22.9.27)」参加レポートを発表!

中学受験専門家庭教師【代々木進学会】教務課長 成澤公彦による報告です。

日出中学校・高等学校をご存知であろうか?
こんなことを申し上げたら関係者から叱られそうだが、「受験=大学進学実績」といったお考えのご家庭にはあまりご興味が沸く学校ではないかもしれない。実際、進学実績は「日東駒専」に毎年一桁といったところである。しかしながらこの学園には他校にはない大変ユニークな特色がある。

それは、生徒個々の環境、目標に合わせた指導ができるよう、総合・スポーツ・芸能の三つのコースを設定していることである。また、通信制課程もありスタンダードコース・芸能・プロフェッショナルコースが用意されている。さらには、皆さん驚かれるかもしれないが昨年までは制服もなく髪を染めることやアクセサリーもある程度自由であった。

「今どきどんな学校だ」とお思いになるかもしれない。手のつけられない生徒が勝手し放題の学校というようにお思いになるかもしれない。ごもっともの部分も全くないわけではないが、実際は生徒と教師の関係は逆に他校より良い部分も目に付く。
挨拶をしてくれる生徒も多いし、何より明るく伸びやかで、先生側からも生徒側からも、また、ご家庭側からも様々な場面で遠慮なく意見が言える土壌が出来ているように感じる。

その日出中学校・高等学校が大きく変化しようとしている。新しく校長に着任された井上 敦雄先生の号令の下、制服が出来、校則が変更され補習授業や大学進学に向けての夏期・冬期講習、日出塾(高校生対象勉強合宿)、大手予備校との連携等、学習環境の大幅なてこ入れがなされた。

だからと言ってこれらは全て学校側からの押し付けではない。制服一つにしても在校生全ての意見が盛り込まれており、また、日出塾の参加学年を高3生にも拡大したのも生徒さん達の校長先生への直談判からである。

現在、改革を進めている学校は数多ある。「時代の要請」という言葉だったり、「生徒の夢の実現」のためであったり、改革の「錦の御旗」はそれぞれであり、どれもが間違ってはいない。その学園のこうありたいという将来像である。
だが、その改革に生徒の意見を直接的に反映させている学校はほとんどあるまい。生徒の意見に耳を傾けるということは、それがどんなに些細なまた幼稚な発想であったとしても、学校の極めて大切な姿勢だと考える。それは学校の主役があくまでも生徒であるからに他ならない。

日出中学校.高等学校にはこれからも改革に当たって生徒にとってより良い答えが見つかるように教師、生徒が一丸となって進んでいって欲しいと願っている。


総合コースは勿論、スポーツや芸能活動と学業の両立でお悩みのご家庭は是非一度学園をお尋ねいただければと思う。


* 終了後、個別相談があった。
* 参加者は、約100名であった。


********************************************
↓他にも多数の中学校入試説明会のレポートを公開しています。
リンク

■会社概要
商号/株式会社 進学教育社
代表者/代表取締役 西内 識晃
所在地/〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-60-11 東興本社ビル8F
事業内容/
【塾講師アルバイト紹介】塾講師キャリア リンク
【私学教員・塾講師派遣】EMPS リンク
【中学受験専門家庭教師】代々木進学会 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。