logo

ジェームス・へプルマンがPTC(R)最高経営責任者(CEO)に就任

【2010年10月4日】PLMソリューションのリーディング・プロバイダであるPTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:桑原 宏昭)は、本日、2010年5月10日の事前発表通り、PTC社長兼最高執行責任者(COO)ジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann)が、2010年10月1日付でPTC社長兼最高経営責任者(CEO)に就任したという米PTCの発表を明らかにしました。へプルマンは、C・リチャード・ハリソン(C. Richard Harrison)の後任となり、ハリソンは今後最高会長(Executive Chairman)として引き続き戦略的な助言を与える責務を担います。

へプルマンは「素晴らしい時期にPTCを率いる任務を引き継ぐことになりました。PTCの市場は大きな成長が見込まれ、PTCは高い競争力を持ち、また、そのマーケットシェアは拡大し、顧客からは大きな価値を提供する戦略的パートナーとして認めていただいています。PLMおよびCAD業界において、PTCは目標を達成するため、そして、技術面でのリーダーシップを拡大する上で非常に良い状況にあると言えます。Windchillが牽引力となっているPLM事業は、2010年度におけるWindchillのライセンス成長率が約70%の見込みであることや、EADS、コンティネンタル社、ターゲット社等の受注を戦略的に獲得したことからも明らかなように、継続的な拡大を見せています。さらに、10月28日に正式発表される「Project Lightning」は、PTCの次世代CADのビジョンであり、これは機械系CAD市場に革新をもたらすことになります」と述べています。


さらにへプルマンは「23年間にわたり優れたリーダーシップを発揮したハリソンに心から敬意を表するとともに、最高会長としての責務を担う彼と共に引き続き連携していくことを楽しみにしています」と述べています。


ハリソンは「10年間にわたりPTCを率いてきたことを誇りに思います。PTCは、今回の引き継ぎを慎重に進めてきました。私はPTCの更なる成長を目指すヘプルマンと彼のビジョンを全面的に支持します。今後は最高会長として、PTCの戦略的ビジネスチャンスの拡大に尽力していきます」と述べています。


ジェームス・E・へプルマンによる、今後のPTCとPLMの展望および10月28日に発表されるProject Lightningに関するビデオメッセージは以下のURLにてご覧いただけます。また、へプルマンの画像もダウンロードいただけます。
リンク(英語)


Windchillに関する詳細情報は以下のURLをご覧ください。
リンク


Project Lightningに関する詳細情報は以下のURLをご覧ください。
リンク



【PTCについて】
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品開発におけるグローバル化、市場投入時間の短縮、業務効率の追求など、製造業における企業の個々の課題に対応するソフトウェアとサービスを提供しています。PTCのPLMおよびCADソリューションを活用することにより、産業用機器、ハイテク、航空宇宙・防衛、自動車、リテール・コンシューマー製品、医療機器などの産業分野における関連企業は、事業目標の達成ならびに顧客ニーズと業界法令基準双方に適合する革新的な製品開発の実現を可能にしています。


【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。PLMソリューション製品群「Windchill」、コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、エクスプリシット・モデリング/データ管理ソフトウェア「CoCreate」、製品情報提供ソリューション「Arbortext」、技術計算/ドキュメント化支援ソフトウェア「Mathcad」、データ・ビジュアライゼーション・ソフトウェア「ProductView」、製品分析ソフトウェア「InSight」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内4事業拠点。
Webサイト:リンク


本プレスリリースにおける情報は、過去の事実に関する情報を除き、当社の2010年度とそれ以降の財務、成長の展望を含めた将来的な表明であり、予想とは大幅に異なるような結果となり得るリスクと不確実性を含みます。これらのリスクとは、当社顧客が予想した時期に予想した価格で当社ソリューションを購入しない可能性、戦略的顧客の獲得や当社の技術的地位、Project Lightningの導入が予想した売り上げにつながらない可能性などがあります。


* PTCの社名、ロゴマークおよびWindchill、Pro/ENGINEER、CoCreate、Arbortext、Mathcad、ProductView、InSightなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報
http://www.ptc.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。