logo

OKI、「ChannelNavigator(R)2.0」を鹿児島銀行に納入

Tokyo, Oct 1, 2010 - (JCN Newswire) - OKI(TSE:6703)は、このたび株式会社鹿児島銀行(取締役頭取:上村 基宏、本店:鹿児島県鹿児島市、以下鹿児島銀行)にマルチチャネルマーケティングシステム「ChannelNavigator(R)2.0(チャネルナビゲータ2.0)」を納入し、同行では全店への展開を完了しました。鹿児島銀行では本システムの採用により、ATMを利用するお客様に対してニーズにあわせた最適な情報を提供し、セールス活動の強化を図っていきます。


鹿児島銀行では、資産運用やローンを中心に個人のお客様向け商品・サービスの拡充を図るなど営業活動を強化しています。また、その体制の強化のため、お客様のニーズ等に応じたコンサルティング営業のできる人材の育成や配置、さらには各種データを活用した営業活動の効率化にも積極的に取り組んできました。特に、お客様との最大の接点となるATMの有効活用を図るシステムへ導入への関心が高く、今回、ATMを各チャネルと連携し、お客様のデータに基づき最適な対応が可能となる「ChannelNavigator2.0」をシステム基盤として採用されました。


「ChannelNavigator2.0」はお客様に対し、ATM利用時にタイムリーな情報提供(商品案内、宣伝、注意喚起等)が可能なシステムで、営業効率の向上とCS(お客様満足)向上につながります。また、ATMで提供する情報の表示内容は、お客様、店舗、時間帯、日付、曜日などによって個別に指定することが可能で、お客様のライフステージやライフイベント(注1)に合わせたストーリー性のある情報提供も可能となっています。


OKIでは今回の実績を踏まえ、「ChannelNavigator2.0」の販売活動をさらに進めていきます。また、今後も、お客様のニーズにあわせて金融機関の業務を支援する様々なシステムを開発、提供していきます。


【「ChannelNavigator2.0」について】
幅広いお客様に対するセールス活動を効率化し、収益強化を実現するイベントベースド・マーケティング(EBM)手法に対応したマルチチャネルマーケティングシステムです。OKIは金融機関に対し長年に亘り数多く納入してきたATMや営業店システム、コンタクトセンターなどのチャネルシステムのノウハウをベースにシステムを開発しました。
金融機関は、「ChannelNavigator2.0」の導入により各チャネルシステムを連携でき、見込顧客の絞り込みや、最適な情報の提供、営業店窓口への来店誘導により、営業を強化できます。各チャネルのセールス結果は、本システムを通じて顧客データベースに反映され、次回のセールス活動に生かすことが可能です。


【用語解説】
注1: ライフイベント
行動の変化、生活の変化から推測する顧客に発生した出来事。例えば、利用頻度が高いATMの場所が変わったことから推測する"引っ越し"や"勤務先の変更"など。


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 村川
電話:03-5403-1247
e-mail:press@oki.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 金融営業本部
電話:03-3454-2111(代表)
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。