logo

セルラーM2M接続サービスプロバイダ

モバイル事業者、MVNOなどの接続サービスプロバイダのビジネスチャンス

セルラーM2M接続サービス市場は、世界中で起こった経済恐慌のために、2008-2009年初頭までは困難な時期を経験した。しかし、サービスプロバイダは、M2M産業の通常レベルより解約が少なく、接続の累計が成長して収益を回復し、新しく製品販売をしなければ収益を得ることのできない内蔵モジュールプロバイダなどに比べて順調であった。このことから、2008年第4四半期から2009年第1四半期が市場沈滞の「底」であったと考えられ、市場のほとんどの企業は2009年後半から2010年にかけて目覚ましい成長をみたようである。米国調査会社ABIリサーチは、セルラーM2M接続サービスの市場が堅調に発展すると予測し、2009-2015年に世界市場での接続数は累計約7130万から約2億9700万に増加するだろうと予測している。この調査レポートは、2007-2015年の期間の市場傾向、セルラーM2M接続サービスプロバイダの戦略的な対応の分析、セルラーM2M接続数と収益の成長を、地域毎、アプリケーション毎、無線インターフェース規格毎に予測している。


【調査レポート】
セルラーM2M接続サービスプロバイダ:モバイル事業者、MVNOなどの接続サービスプロバイダのビジネスチャンス
Cellular M2M Connectivity Services
The Market Opportunity for Mobile Operators, MVNOs, and Other Connectivity Service Providers
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。