logo

Arc Machines, Inc.、特許取得済み先進TIG溶接ヘッドの権利を買収し、エンジニアリングサービス部門を開設

Pacoima, CA, Sept 15, 2010 - (JCN Newswire) - 円周GTAWチューブおよびパイプ溶接のリーダーでイノベーターで、米国カリフォルニア州パコイマにあるArc Machines, Inc. (AMI)は、製品およびサービス・オファリングを拡大する2件の事業拡大を、本日発表しました。


6月28日にArc Machinesは、米国テキサス州オースティンのApparent Technologiesから、特許取得済みの各種先進TIG溶接ヘッドの権利を買収する決定をしました。高度に革新的な溶接ヘッドには、空気式クロージング、溶接されたコンポーネントの自動センタリング、および溶接前位置合わせ読み出しなどが搭載されており、生産性の高い高純度溶接機器のセットアップ時間や溶接エラーを大幅に減らします。2008年に買収した各種Exel製品を含む電源および溶接ヘッドの製品群拡張により、AMIは、業界でもっとも先進的で幅広いラインアップの円周チューブ溶接製品を提供できるようになりました。


さらに、AMIは、米国ニューカロライナ州シャーロットに新しいエンジニアリングサービス部門を設立し、部門長にRon Payneを任命したことも発表しました。エンジニアリングサービス部門では、プログラム管理、設備・プロセス開発、および発電および他の先進溶接機器向けのサポートサービスなとの、機器エンジニアリングサービス全分野を提供します。米国ニューカロライナ州シャーロットは、急速な勢いで、新しい原子力発電所の設計および建設の技術センターとなってきています。シャーロットに新部門を置くことで、AMIは、この新興市場ニーズによりよいサービスを提供し、全業界のお客様が同社の製品と専門知識にさらに幅広くアクセスできるようにします。Ron Payneは、溶接プログラム管理、溶接プロセスおよびカスタマイズ済み溶接機器などの経験が豊かで、エキスパートとしてよく知られています。先進溶接および関連技術を使用して、お客様の機器をサポートするために、今後数か月以内に設計および溶接エンジニアのチームを構築する予定です。


溶接業界にとって困難な年であった2009年の後、米国と極東での強力な回復や、新しいModel 205チューブ溶接電源の発表の大成功などに促進されて、Arc Machinesは2010年に素晴らしい成長を遂げました。次の12か月に、さらに新製品の発表が計画されており、併せて同社の長期成長戦略をサポートする買収目標も行われる予定です。


Arc Machines, Inc.について
米国カリフォルニア州パコイマに本社のあるArc Machinesは、電源、溶接ヘッド、アークゾーンビジョンシステムおよび関連アクセサリなど、自動円周溶接の大手ワールドワイド開発業者でメーカーです。AMIは、新しい製品・サービスを開発し、積極的に新市場に進出しています。それにより、自動円周溶接分野で市場をリードする立場をさらに強化しています。さらに詳しい情報は www.arcmachines.com をご覧ください。


メディア問い合わせ先:
Katalin Williams
Arc Machines, Inc.
Tel: +1 818-896-9556
Email: katalin.williams@arcmachines.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。