logo

NAVER×弁護士ドットコムによる「法的トラブル解決支援マップ」提供開始

検索サービスNAVER、「専門家×まとめプロジェクト」第二弾
弁護士ドットコムによる「法的トラブル解決支援マップ」提供開始



インターネット検索サービス「NAVER(ネイバー)」( リンク )を運営するネイバージャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:森川亮、以下ネイバージャパン)は、同社が提供するユーザー参加型検索「NAVERまとめ」( リンク )におきまして、日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」( リンク )と連携し、本日より「法的トラブル解決支援マップ」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。

■法的トラブル解決支援マップ
リンク

近年、離婚やいじめ、セクハラ・パワハラ、ネットでの誹謗中傷など“身近な法的トラブル”が急増しており、アドバイスや解決法を求めるニーズが高まっています。

日本司法支援センター(法テラス)運営のコールセンターには、2009年度において対前年度比約140%増加となる401,841件の問い合わせがあり、そのうち、身近な法的トラブルが上位5割以上を占めています(※2009年度 日本司法支援センター調べ)。

NAVERでは、このような法的トラブルに対する解決ニーズを受け、「弁護士ドットコム」に寄せられた過去5万件の相談データベースから、弁護士による信頼度の高い回答(解決方法)が含まれる相談を厳選して100件掲載。誰にでも起こりうる法的トラブルと弁護士によるアドバイスを、自宅や学校、外出先など“身近な場所別”に分類・整理して紹介いたします。

なお、本取り組みは、2010年4月より開始した「専門家×まとめプロジェクト」第二弾として行うものであり、第一弾のAll Aboutに引き続き、様々なジャンルの専門家による経験や知識をNAVERまとめに取り入れていくことにより、更なる情報プラットフォームの拡張を図って参ります。


     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

■弁護士ドットコムについて リンク
“インターネットで法律をもっと身近に、もっと便利に。”を理念に、現在、登録弁護士数2,116名(※2010年8月24日現在)、月間相談件数5,500件を超える日本最大級の法律相談ポータルサイトです。離婚、労働問題、借金問題、交通事故、遺産相続から企業顧問、企業法務のお問い合わせまであらゆる法律相談が寄せられています。docomo、au、SoftBankのキャリア公式サイト「弁護士ドットコムモバイル」にも法律相談数が急増しています。

■NAVERまとめについて リンク
「NAVERまとめ」は、検索サービス「NAVER」によるユーザー参加型検索サービスです。ネット上で話題になったネタから、生活のお役立ち情報、IT情報に地域の情報まで、いつもの検索では検索しにくい、「知りたい」「見たい」をみんなで探しあい、その結果を簡単にまとめておくことで、検索を楽しく、便利にするサービスです。2010年6月時点での累計まとめ投稿件数は180万件を突破、拡大を続けています。

■ネイバージャパン株式会社について リンク 
ネイバージャパン株式会社は、世界第五位の検索ポータル「NAVER.com」を運営するNHN Corporationの日本現地法人です。日本では、「探しあう検索」をコンセプト に2009年7月 1日より検索サービス「NAVER」を開始。ユーザー参加型検索「NAVERまとめ」、独自のユーザー・インターフェースによる「画像検索」、マイクロブログ「pick」など多彩なサービスを展開し、サービス開始1年で月間ユニークユーザー数約580万人(※2010年6月時点/自社調べ)を越えるソーシャル・サーチへと成長しています。


※本報道資料はネイバージャパン企業サイト( リンク )でも確認できます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。