logo

日本初 ソーシャルレンディング(個人間融資)「maneo」、「カープ絆プロジェクト」の設立原資となる旧広島市民球場のフィギュア制作資金支援ローンを開始

Tokyo, Sept 1, 2010 - (JCN Newswire) - 日本初、ソーシャルレンディング「maneo」を運営するmaneo(マネオ)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:妹尾賢俊)は、サンテン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木義一)と「カープ絆プロジェクト」の設立原資となる、旧広島市民球場のフィギュア(1/1100)制作資金の支援ローンを本日開始いたします。


【カープ絆プロジェクトとは】
以下の3つのプロジェクトを計画しています。
1. カーププレミアSNSファンクラブ
スタジアムフィギュア購入者限定の動画SNSを開設し、選手とのコミュニケーションが可能となります。毎年1回、新規グッズの販売を通じて新規会員を募集します。


2. カープスポーツマンシップアカデミーとスポーツマネジメントスクール
広島市の青少年を対象に、スポーツを通じて生きる力や他人を尊重できる人格形成に資するアカデミー・スクールの設立を行います。


3. カープエンジェル&スカラーシップ
小規模団体へのイベントの主催援助、障がい者の球場招待、スポーツに真摯に取り組んでいるものの生活基盤が弱く道具の購入や合宿に参加できない青少年への資金援助等を行うためのスカラーシップの設立を行います広島市および広島東洋カープのご協力を得て、旧広島市民球場のメモリアルスタジアムフィギュアを作成し、その販売した収益を原資として「カープ絆プロジェクト」を創設します。


本プロジェクト創設にあたり、旧広島市民球場のフィギュアを制作・販売し、その収益が創設の原資となります。今回のローンはそのフィギュア制作資金を支援するものです。


■旧広島市民球場スタジアムフィギュア制作資金支援ローン 概要■
- 貸し手の表面利回り: 年6.0%(税引前)
- 返済回数: 12回
- 借入希望額: 1,497万円(最低成立金額は3万円)
- 借り手: サンテン株式会社
- 貸し手は3万円から投資可能
- 連帯保証: サンテン株式会社代表者による債務保証付
- maneo手数料(実行手数料): なし


ローン概要ページ
リンク
ローン詳細ページ
リンク


●ソーシャルレンディングとは
インターネット上で「お金を借りたい個人」と「お金を貸したい個人」をつなぐ場を提供するサービス。日本ではmaneoが初めてソーシャルレンディングサービスの提供を開始。個人間融資とも言われ、世界ではすでに30以上のサイトが運営されています。ローン残高はグローバルベースで推定700億円。「個人金融資産1400兆円」といわれる日本では、個人の資金をより有効に活用できる新しい金融の在り方として大きな注目を集めています。


【会社概要】
■maneo株式会社 リンク
日本初の「ソーシャルレンディングサービス」を2008年10月提供開始。登録会員数は17,708人、ローン成立額は2億6千440万円(8月24日現在)。主に、冠婚葬祭、引越し、子供の塾の費用、中古車購入、借り換え、事業資金など借入目的は多様。お金を借りたい個人」と「お金を貸したい個人」をつなぐ日本初のマーケットプレイスです。
◆設立年月日: 2007年4月3日
◆資本金及び資本準備金: 318,659,000円 ◆代表取締役: 妹尾賢俊
◆従業員数: 7名(含、役員)
◆貸金業登録: 東京都知事(1)第30795号
◆日本貸金業協会会員: 会員番号第001935号


■サンテン株式会社 リンク
物流・ロジスティクスを後方支援する総合物流・ロジスティクスサービス会社。コンサルティング、コーディネート、プロデュースとあらゆる手法から創意工夫し、物流、ロジスティクス機能を向上いたします。
◆設立年月日: 2007年11月5日
◆資本金: 1,500万円
◆代表取締役: 鈴木 義一
◆従業員数: 正社員: 7名 アルバイト・パート: 50名
◆事業概要: 総合物流業


■このプレスリリースに関する問合せ
maneo株式会社 リンク
東京都千代田区霞が関3-6-5 霞が関3丁目ビル2F
TEL:03-3580-1231
FAX:03-6203-8470
担当: 妹尾
senoo@maneo.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。