logo

多回線FAXサーバソフトウェアMultiPortFAX 3 Adv.が仮想化環境に対応いたしました

日本ワムネット株式会社 2010年07月26日 10時05分
From PR TIMES

多回線FAXサーバソフトウェアMultiPortFAX 3 Adv.が仮想化環境に対応いたしました
              ~ 仮想化対応FAXサーバ ~



【概要】:住友商事株式会社(東京都中央区、社長:加藤 進)の子会社で、企業向け大容量データ伝送サービス事業、及びネットワークシステムの開発・販売事業を展開する日本ワムネット株式会社(東京都中央区、社長:福井 信之)は、このたび多回線FAXサーバソフトウェアのMultiPortFAX(マルチポートファックス) 3 Adv.を仮想化環境でご利用頂けるようディジ インターナショナル社シリアルサーバ PortServer TSのサポートを開始いたしました。

FAXサーバには通常、電話回線やISDN回線をPCサーバに接続するためにFAXボードや拡張シリアルボードが必要となりますが、これらのPCサーバに装着する通信ボードは仮想化環境をサポートしておらず、FAXサーバは仮想化の対象外とされることが一般的でした。

今般、MultiPortFAX 3 Adv.はイーサネット経由でシリアル接続を提供するPortServer TSのサポートを開始したことにより、通信デバイスをPCサーバから分離のうえ仮想化環境においてもご利用頂くことが可能となりました。
※ 仮想化環境はVMware vSphere (ESX)で動作確認しております。

【PortServer価格】:ディジ インターナショナル社 シリアルサーバ PortServer TS(標準価格)
・PortServer TS 1 (1ポート) : 72,000円
・PortServer TS 2 (2ポート) : 97,000円
・PortServer TS 4 (4ポート) : 125,000円
・PortServer TS 8 (8ポート) : 260,000円
※ PortServerはイーサネット経由でシリアル接続を提供します。

【発売日】: 2010年7月26日

【日本ワムネットについて】:日本ワムネットは、住友商事の子会社であり、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(千代田区、社長:有馬 彰)が出資する合弁会社。出版・印刷・エンターテイメント業界・一般企業を対象に電子メールで送信できない大容量ファイルをセキュアに伝送・共有・保管するサービス事業とネットワークシステムの開発・販売事業を展開しています。

【MultiPortFAXについて】:MultiPortFAXシリーズは、純国産の業務用FAXサーバソフトウェアとして1995年の販売開始以来豊富な導入実績を誇るロングセラー商品です。MultiPortFAX 3 Adv.は、受発注システムや金融システム、コールセンターシステム等の業務システムと連携するFAXシステムとして、その連携開発の容易さと確実性を特長とし、運用後の安定性の面からもたくさんのお客様の支持を集めております。

【お問合せ】 :日本ワムネット株式会社 プロダクトソリューション部 岩崎
〒104-0033 東京都中央区新川1-5-17 パシフィックマークス新川9F
TEL:03-5117-2150
FAX:03-5117-2155
Email: mpf-info@wamnet.jp
Web: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。