logo

セラーテム、EQ Media Server for SharePoint 4.1をリリース

株式会社セラーテムテクノロジー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田 修)は、セルフサービスDAMを実現するMicrosoft SharePoint用Add-InであるEquilibrium Media Server for SharePoint Ver.4.1(英語版)をリリースしたことを発表いたしました。

EQ Media Server for SharePointとはMicrosof SharePoint Server のデジタルアセットマネージメントとイメージング機能を強化するAdd Inツールです。
主な機能は下記の通りです。
・ 様々な静止画や動画のサムネイルを自動生成
・ 元のコンテンツを専用リーダで開く事なくブラウザのみで表示が可能
・ 静止画や動画のメタデータをSharePointに取り込み→検索対象に
・ 取り込みコンテンツの一括アップロード、ダウンロード、コンテンツの収集機能
・ SharePointのWebインターフェース上で静止画のフォーマット変換/サイズ変換/クロップが可能
・ ECMA Script準拠のEquilibrium Media Scriptによりバッチでの自動編集の内容をカスタマイズ可能
EQ Media Server for SharePointは日本語版もリリースされております。日本語版ではMicrosoft SharePoint Server 2007に対応しております。


今回のリリースでは(米国における)ユーザーコミュニティからの要望にお答えして、デジタルアセットの管理と利用におけるメタデータの処理が改善されました。
ユーザーはSharePointへデータのアップロード時に、メタデータ項目のバッチ処理を行い、すべのファイルを横断しながらメタデータ情報の変更もしくは追加を行っています。
今回のリリースにおける特筆すべき機能は、標準のSharePointによって前もって供給される性能をはるかに超えた、メタデータ性能をパワフルに拡張したことです。

■主な新機能
・メタデータのバッチ処理
様々なブラウザからコンテンツをSharePointへアップロードする際に、著者の名前/説明/コピーライト情報/カスタムタグといった100以上あるメタデータフィールドの追加や変更ができるようになりました。
また、業界標準の EXIF(デジタルカメラのメータデータ)、カスタマイズ可能なXMP(アドビ社のメタデータ)、IPTC(国際新聞電気通信協議会のメタデータ)をサポートしました。
・SWFアニメーションのサムネイル化とXMPメタデータ取込みをサポート
ウェブデザイナーはすべてのSharePoint製品からSWFファイルの収集、検索、閲覧、そしてディプロイすることができるようになります。 
・Open Office 3.2 メタデータに対応
オフィスのファイルタイプからタイトル/主題/著者/カテゴリ/キーワード/コメントといった情報を自動で抽出することでSharePoint上での検索が簡単になります。
・動画に対する処理性能強化と機能追加
バッチ処理を含む事前に定義された88種類の異なる設定よりオンデマンドで動画をエクスポートできます。(動画編集過程において、事前に定義された88種類の設定に従って個別にトランスコーディングすることができます。また、それぞれの動画に対して抽出やトランスコードの設定を自動化することができます。)管理者は複数のMediaRichライブラリへ設定ファイルの作成や追加することができます。Windows Media/Silverlight/Flash/QuickTime などからSharePointへ使用可能なすべてのメタデータが自動的に抽出されます。

■追加機能:
・ WSS 3.0、SharePoint Foundation 2010、SharePoint 2007、最新リリースのSharePoint 2010に対応しました。
・ XMPフィールドすべてのAdobeファイルタイプの自動的なメタデータの抽出を改善しました。
・ PDF、AI、EPS、PSに対する描画等のファイルサポートを改善しました。
・ Digimarc 4.0 SDKに対応し、SharePoint上でバッチ処理によるウォーターマーク埋め込みが可能になりました。

■製品紹介:
リンク

■本件に関する報道関係お問い合わせ先
株式会社セラーテムテクノロジー イクイリブリアム事業部
TEL: 03-6820-0741  リンク

このプレスリリースの付帯情報

After Mediarich for SharePoint

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。