logo

エフセキュア、Android用のセキュリティ製品の提供を開始

Symbian、Windows Mobileに続いてAndroid向けのモバイルセキュリティを拡充

エフセキュアが、SymbianとWindows MobileのみならずAndroidにも対応したスマートフォンセキュリティ製品「F-Secure Mobile Security 6 (エフセキュア モバイル セキュリティ 6)」(※1) の提供を開始しました。本製品を提供することにより、通信事業者は個人および企業顧客に、スマートフォン向けのマルウェア対策、紛失や盗難時の遠隔からのデータ消去・操作のロック、危険なウエブサイトからの保護などの機能をサービスとして提供することが可能です。

-------------------------------------------------------

フィンランド、ヘルシンキ発 2010年6月29日 ―エフセキュアのモバイル ビジネス部門のVPを務めるパトリック・サルナーは、次のように述べています。「エフセキュアは、通信事業者経由でセキュリティ ソリューションを世界的に提供しています。今回、SymbianとWindows Mobileプラットフォーム向けの製品に続いて、現在急成長しているAndroidプラットフォーム向けのセキュリティ製品を提供できることを大変うれしく思っています。我々の従来の強みであるPC向けセキュリティ製品と合わせ、スマートフォンとPCの両方を対象にした包括的なITセキュリティサービスをパートナーである通信事業者は提供することができるようになりました」

エフセキュアの「F-Secure Anti-theft for Mobile (盗難防止機能)」(※1) は、マルウェア対策だけでなく、紛失や盗難時の遠隔からのデータ消去や操作ロックを提供するほか、新機能の「ブラウザ保護」によって、危険なウェブサイトからユーザを守ります。スマートフォン上でのオンラインショッピングやオンラインバンキングなどの決済取引をより安全に行うことができます。

パトリック・サルナーは、こう付け加えています。『最近のスマートフォンは、インターネットの閲覧が容易に行えるような設計になっており、オンラインバンキングやオンラインショッピングなどの決済取引をスマートフォン上で利用する人も増加傾向にあります。我々が行った市場調査 (※2) によれば、回答者の3分の1に当たるスマートフォン ユーザがウェブサイトをスマートフォンで閲覧しており、さらに、全体の1割強の回答者がスマートフォン経由でオンラインバンキングを利用していることがわかりました。エフセキュアの「ブラウザ保護機能」があれば、スマートフォンユーザはスマートフォンで安全にウェブを閲覧することができます。』

エフセキュアの「ブラウザ保護」は、クラウド上で危険なウェブサイトの情報を共有し、ユーザが有害なサイトにアクセスするのを防止します。例えば、オンラインバンキングのログイン情報などを盗み出そうとする、有害なサイトにユーザがアクセスしようとすると、ユーザに事前に注意を促します。

「F-Secure Anti-theft for Mobile (盗難防止機能)」(※1) は、紛失や盗難時に遠隔からデータ消去や操作をロックする機能です。操作は簡単で、所有者が紛失スマートフォンにSMSメールを送信することで、データ消去や操作をロック、もしくは、全ての情報を消去することが可能です。また、SIMカードが変更されると、そのスマートフォンはロックがかかり、GPSや新しい番号などの最新のSIM情報を所有者に送信することができます。
「F-Secure Mobile Security 6 (エフセキュア モバイル セキュリティ 6)」(※1) は、スパイツールやウイルス、トロイの木馬などのマルウェアを検知・駆除します。エフセキュアのセキュリティ研究所による自動アップデートにより、最新の脅威にも24時間体制で対応しています。エフセキュアは、モバイル向けのアンチウイルスのパイオニアで、1991年以降10年にわたって携帯電話用のアンチウイルスを提供しています。

「F-Secure Mobile Security 6 (エフセキュア モバイル セキュリティ 6)」(※1) は、SimbianとWindows Mobile、Androidをサポートしており、エフセキュアのオンラインストア (リンク) (英語)、或いは エフセキュアのパートナーである各国の通信事業者のアプリケーションストアで購入できます。

7日間の無料体験版は以下でご利用いただけます。(英語)
リンク


(※1) 2010年6月30日現在、「F-Secure Mobile Security 6 (エフセキュア モバイル セキュリティ 6)」は、日本国内では未発売です。

(※2) この調査は、エフセキュア・コーポレーションが第三者機関のZoomerangを通して2010年5月に、アメリカ、ドイツ、イギリス、フィンランド、スウェーデン、ポーランド、マレーシアの7カ国で行ったもので、200名ずつ計1439名を対象にインターネットで集計したものをまとめたものです。

-------------------------------------------------------
*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。