logo

2010年度 集合住宅におけるベランダガーデニングの実態調査

     住宅・不動産情報ポータルサイト『HOME'S』調査報告
        賃貸ベランダガーデナーの20.4%が、
      「より良いガーデニング環境での居住」を希望
  ~2010年度 集合住宅におけるベランダガーデニングの実態調査~

……………………………………………………………………………………………



日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト
(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、
首都圏・京阪神のガーデニング実施者を対象に、集合住宅におけるベランダガーデニングの
実態調査を実施いたしました。つきましては、調査結果をまとめましたので、
ご報告いたします。


<調査概要>
調査地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県
調査対象:集合住宅(賃貸・分譲)のベランダ(※ベランダ、バルコニー、
窓辺(屋外)) で、ガーデニングをしている20代~30代の女性
調査手法:インターネット調査
調査会社:株式会社マクロミル
有効回答数:(全体)376サンプル (賃貸:186ss、分譲:190ss) 
調査時期 :2010年6月9日(水)~6月10日(木)

<主な調査結果>
1.賃貸ベランダガーデナーの38.7%は、「1年以内」に始めた新米ガーデナー

分譲ベランダガーデナー(43.6%)と比較して、賃貸ベランダガーデナーは
ガーデニングがブームと言われるようになった「2-3年以内」に始めている人が
72.6%という結果になりました。うち、「1年以内」は38.7%でした。

2.賃貸ベランダガーデナーの59.7%が、『ベランダファーマー』

賃貸ベランダガーデナーにとって「野菜」は、「花」(60.2%)や「観葉植物」
(59.7%)と同程度の高い人気があるという結果になりました。

3.「潤い」「癒し」を求めるベランダガーデナーが約半数。
既婚者ガーデナーの24.5%は「食育のため」に始めている

ガーデニングを始めた理由として、「潤い」(54.0%)、「癒し」
(48.4%)を求める声がトップという結果でした。また、既婚者ガーデナーでは、
「食育・教育のために始める」(24.5%)という結果が特徴として見られました。

4.約7割のベランダガーデナーが、生活の変化を実感

自宅でのガーデニングによって、「季節感を感じられるようになった」
(29.0%)や「収穫した野菜で料理をするようになった」(28.5%)など、
生活にさまざまな変化があったという回答が70.7%ありました。

5.賃貸ベランダガーデナーの20.4%が、「より良いガーデニング環境での
居住」を希望  

今後やりたいこととして、「より良いガーデニング環境での居住」という回答が
賃貸ベランダガーデナーの2割以上に見られました。

弊社がこれまでに発表した各種調査レポートは、以下よりご覧いただけます。
リンク

---------------------------------------------------------------------------------------
■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ネクスト 管理本部
経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ 皆川、鈴木、桑波田
TEL:03-6204-4067 FAX:03-6204-3963 E-MAIL:press@next-group.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事