logo

Kingston Digital、USBセキュリティ分野でBlockMaster社と技術提携

企業フラッシュメディアのセキュリティ強化 情報保護を容易とするUSBドライブの提供に向けて

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyのフラッシュメモリ関連事業会社であるKingston Digitalは6月23日、セキュリティ技術に優れたBlockMaster社と技術提携し、情報保護・管理をより容易とする集中管理対応のUSBドライブを提供することを発表いたしました。

同提携の第1弾として、KingstonはUSBドライブのセキュリティの集中管理を容易とするBlockMaster社のサーバーソフトウェア“SafeConsole”対応版「DataTraveler Vault - プライバシーエディション」の提供を2010年第3四半期に予定しています。同製品の起動には、「SafeConsole」ソフトウェアを用いる必要があり、ドライブが管理された状態でなければ動作しないことを保証します。現在の市場における最も厳しいセキュリティ要求条件に対応可能なものとなります。

BlockMaster社のCEOダニエル・オストナー(Daniel Ostner)氏は「BlockMasterはあらゆる市場におけるSafeConsole製品の市場シェア拡大に向けて様々な戦略を検討してきました。そして、USBメモリ製品市場において世界のトップにランク付けされているKingston社との技術提携が我々BlockMasterにとって最適な選択であるという結論に達しました。この技術提携により、多くの企業ユーザーが管理された安全なUSBドライブを利用できる環境が実現し、市場に大きな価値とインパクトをもたらすだろうと確信しています。また、社外での作業量の増加、および企業ネットワークの保護範囲外で企業情報を取り扱う機会の増加に従い、USBのセキュリティがますます重要となっています。今後USBセキュリティへの関心は新たなレベルに高められるでしょう。」と語っています。

当社でAPAC地域フラッシュメモリ販売ディレクターを務めるネイサン・スー(Nathan Su)は「Kingstonは、安全性に優れたUSB管理ソリューションに対する顧客の関心度の高さを受け、USB管理ソフトウェアに特化した企業との技術提携について検討してきました。そして、同分野の市場について調査した結果、BlockMaster社が最適なパートナーであるという結論を得ました。我々は、この提携が先進的でセキュリティ管理機能を備えたUSB製品を我々の企業ユーザーに提供するために必要なテクノロジーの開発と共有を大きく推進することを確信しています。」と語っています。



同提携の詳細についてはKingston社Webサイトリンク
またはBlockMaster社のWebサイトリンクをご参照ください。



■BlockMaster社について
BlockMaster社は携帯用データの完全なセキュリティ管理ソリューションを提供しています。同社のUSB管理ソリューション“SafeConsole”を使用することにより、企業の情報管理者は世界中どこででも個々のセキュリティUSBドライブに対して容易に受け入れ可能なセキュリティ・ポリシーを適用し、情報を追跡し、管理することができるようになります。SafeStick(同社のセキュリティUSBドライブ)は、すべての保存されたデータに暗号化と完全なパスワード保護機能を施します。BlockMaster社の製品は、企業や政府機関など広範囲なセキュリティ・ニーズに応えられる信頼性を備えており、世界中で利用されています。
詳細についてはBlockMaster社のWebサイトwww.blockmastersecurity.comをご参照ください。

■Kingston Digitalについて
Kingston Digital(KDI)は、世界最大の独立系メモリ製品メーカーであるKingston Technology)社のフラッシュメモリ関連事業会社です。2008年に設立され、本社は米国カリフォルニア州のファウンテン・バレーにあります。詳細についてはWebサイトwww.kingston.com/japanを参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。