logo

Waves Audio社、2010年FIFAワールドカップに、ブブゼラの騒音軽減ソリューションを導入

Knoxville, TN, June 17, 2010 - (JCN Newswire) - 本日、デジタル信号処理ソリューションの大手プロバイダ、Waves Audio社( www.waves.com )は、2010年FIFAワールドカップのテレビ放送での課題に対応するためのソリューションを発表しました。

Knoxville, TN, June 17, 2010 - (JCN Newswire) - 本日、デジタル信号処理ソリューションの大手プロバイダ、Waves Audio社( www.waves.com )は、2010年FIFAワールドカップのテレビ放送での課題に対応するためのソリューションを発表しました。その課題とは、南アフリカのサッカー・ファンが好むラッパ型のブブゼラという民族楽器の音が、あらゆるところで聞かれ、問題となりがちであるということで、このソリューションではそのブブゼラの音を大幅に低減します。ブブゼラの音がずっと鳴り響き続けるために、テレビ視聴者や放送関係者からの苦情が広く寄せられていますが、その解決策として、Waves社のエンジニアは急遽、騒音量を低減させるソリューションを考案しました。


大手テレビ放送局と協業して、Waves社は、WNS Waves Noise SuppressorおよびQ10 Paragraphic Equalizerというふたつのプラグインで構成される一連のリアルタイム処理を作り上げ、さしあたっての課題の解決に効果があることを実証しました。2つの音声プラグインを一緒に使用することにより、ブブゼラの騒音を低減するだけでなく、試合中のアナウンサーの実況や解説者の言葉も、明瞭に聞き取りやすくなります。実際、この一連の処理は、大手放送局数社ですでに使用されています。


ブブゼラの騒音軽減のための一連の処理は、Pro Tools、Waves MultiRack、およびCubaseなど、ダウンロードするだけで使えるセッションとして、現在入手可能です。セッションは リンク からダウンロードできます。


プラグインについて
WNS Waves Noise Suppressorは、屋内外の環境でのノイズ抑制やノイズ調節で、比類ない性能を発揮するリアルタイム・ノイズリダクション・プラグインです。元々は、映画や動画の中の会話からノイズを減らすために作られたWNSは、それ以来、放送用ツールとしても価値が高いことを実証してきました。
Q10 Paragraphic Equalizerは、放送、録音、ミキシング、マスタリング、その他の、どのような音声状況に対しても、正確なイコライザー機能を提供します。アナログ機器の機能をはるかに超えるパワーと機能を持つQ10は、かすかな音から極限のものまで、スペクトル変形が可能です。


概要: Waves Ltd.
Waves社は、プロフェッショナル、放送およびオーディオ家電市場向けの音声DSPソリューションの大手プロバイダです。Waves社は、人間の耳に聞こえる音の質を大幅に向上するため、人間の聴覚に関する知識を活用した音響心理学的信号処理アルゴリズムの開発で、15年間以上の専門知識があります。Waves社は、コンピュータ・ソフトウェア・ソリューションの他に、プロフェッショナルおよび放送市場向けのハードウェア+ソフトウェア・ソリューションを提供しています。Maxxというブランド名の下で、Waves社は、半導体および家電向けのライセンス可能なアルゴリズム提供しています。Waves社のMaxx技術は、オーディオ性能を大幅に拡大するもので、ソニー社・三洋電機・日本ビクター社・東芝などの業界大手企業に使用されています。詳しい情報は、Waves社ウェブサイト( リンク )をご覧ください。


お問合せ先:
Waves Ltd.
Tel: 972-3-608-4000
Email: info@waves.com


PRお問い合わせ先:
Clyne Media, Inc.
Tel: 615-662-1616
Email: robert@clynemedia.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。