logo

Digicel社、100,000人以上のハイチ人のために、ポルトープランスで19,000基のテントを配布

Port-au-Prince, Haiti, June 11, 2010 - (JCN Newswire) - 1月12日に起きた地震により、ポルトープランスやその周辺地域が破壊されてから、100,000人以上のハイチ人の方々が仮設避難所で暮らしていますが、Digicel社では、被災者の住居用として6人用テント19,000基を配布する計画の詳細を、本日発表しました。配布は本日から開始され、一週間以内に完了する予定です。

Port-au-Prince, Haiti, June 11, 2010 - (JCN Newswire) - 1月12日に起きた地震により、ポルトープランスやその周辺地域が破壊されてから、100,000人以上のハイチ人の方々が仮設避難所で暮らしていますが、Digicel社では、被災者の住居用として6人用テント19,000基を配布する計画の詳細を、本日発表しました。配布は本日から開始され、一週間以内に完了する予定です。


テントは大雨や長期間の居住にも耐えるように特にデザインされており、地震以来、被災者の住居確保支援を行っている団体により配布されます。テントは、被災地全域の各被災者に配布されますので、たとえば、倒壊した家や職場の近くなど、それぞれの被災者のニーズにもっとも適した場所に設置できます。


Digicel HaitiのCEO、Maarten Bouteは次のように述べました。「Digicel社従業員120人のボランティアグループが、配布を管理します。ボランティアは40人のグループと4人のサブグループに分けられ、今後一週間で19,000基のテントを150以上の団体に配布します。


「この施策により、現在道端や不適切なシェルターや仮設住居に住んでいる100,000人のハイチ人の方々は、もっと恒久的な解決策が見つかるまで、現状より住み心地のよいテントに暮らすことができます。」と彼は続けました。


テントを受け取る団体は、ハイチ赤十字社、ワールド・ビジョン、Food for the Poor、Catholic Relief Servicesおよびハイチ警察です。Shelter Clusterのデータによると、今日までに約63,000基のテントが配布されました。Digicel社のプログラムにより、この数字が30%増加する予定です。


このテントには、テントの壁面部と分離した10x10フィートのポリエチレン加工の「バスタブ」型床面が付属しており、地下水からテント内部を守ります。米国のメーカーから購入したこのテントは、40フィートのコンテナ14基で出荷され、今月初めにポルトープランスに到着しました。


Digicel Group CEOのColm Delvesは、次のようにコメントしました。「雨季が近づいていますので、ポルトープランスに暮らす100万人のホームレスの方々の一部にでも、生活環境を改善し、尊厳と保護を提供するために、できる限りのことをしてまいります。


しかし、ハイチの状況はまだまだ深刻です。弊社の配布するテントは被災者の居住環境を一時的に改善のに役立つでしょうが、さらに多くの組織・団体に世界から参加いただき、できる形でのサポートを続けていただくことが必要です。」


ハイチ赤十字社社長Michelle Amedee Gedeonは次のように述べました。「私たちがお世話させていただいている方々は、病気の蔓延などの悲惨な状況で現在暮らしていらっしゃいますので、今回のテント寄付は、本当に助かります。


テントをご提供いただいたことで、被災者は、生活再建に努めながら、清潔でさまざまなものから保護された住居で、家族だけで暮らすことができます。」と、Michelle Amedee Gedeonは続けました。


Digicel社はハイチへの投資額では単独一位の企業で、2006年の創業以来、合計3.70億米ドル以上の投資をしています。ハイチ国内のお客様の数は200万人以上です。Digicelハイチ救援基金は、救援活動の支援のためにハイチのNGOに500万米ドルを寄付しました。また、テキストおよび音声による募金電話番号には、カリブ海および中米のDigicel社のお客様から現在までに800,000米ドル以上が寄せられました。Digicel社はまた、200万人のお客様ひとりひとりに、5米ドルの無料通話をプレゼントしました。これは総額で1,000万米ドルとなります。


Digicel Groupについて
Digicel社には9年間の営業の歴史があり、カリブ海と中米市場に910万人のお客様がいます。競争力の高い料金、他社の追随を許さないサービスエリアの広さ、優れたお客様サポート、製品とサービスの種類の多さ、最新技術の携帯電話機などで有名です。革新的な無線サービスと地域支援の提供によって、Digicel社は、カリブ海の大手ブランドになり、最先端の無線通信を地域に展開してきました。同社はまた、1600万人の加入者を擁するパナマとホンジュラスの中米市場に、最近参入しました。


Digicel社はバーミューダで会社を設立し、現在は世界各国の32の市場で営業しています。カリブ海および中米市場は、アングィラ、アンティグア・バーブーダ、アルーバ、バルバドス、バーミューダ、ボネール、英領バージン諸島、ケイマン諸島、キュラソー、ドミニカ、エルサルバドル、仏領ギアナ、グレナダ、グアドループ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、マルティニーク、パナマ、セントクリストファー・ネーヴィス、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、スリナム、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス諸島からなっています。カリブ地域の企業であるDigicel社では、サン・マルタン島とサン・バルテルミー島もサービスエリアに含んでいます。太平洋の市場は、フィジー、ナウル、パプアニューギニア、サモア、トンガ、バヌアツからなっています。


Digicel社全体では、32の市場で1,070万人の加入者を擁しています。


Digicel社は、クリケット西インド諸島代表やこの地域のスペシャルオリンピックス・チームなど、カリブ海および中米のスポーツチームの主要スポンサーです。Digicel社はまた、CONCACAF Gold Cupのカリブ海および中米予選大会であるDigicel Caribbean ChampionshipsおよびCopa de Naciones Digicelのタイトル・スポンサーです。太平洋地域でDigicel社は、Digicel Fiji 7s、Digicel Tonga Ikale Tahi 7sおよび15s、Digicel Vanuatu 7sおよび15sなど、いくつかの国のラグビー代表チームのスポンサーになっています。Digicel社はまた、Vanuatu Cricketチームも後援しています。


Digicel社について詳しくは www.digicelgroup.com をご覧ください。


お問合せ先:
Antonia Graham
Digicel
Tel: +1 876 564 1708
Email: antonia.graham@digicelgroup.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。